So-net無料ブログ作成
日本語・外国語 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

学んだ外国語:フランス語 [日本語・外国語]

去年5月に、いままでに勉強したり挫折したりした外国語について書きました。

「学んだ外国語:アラビア語(1)」
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-05-27
「学んだ外国語:中国語(1)」
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-05-26
「学んだ外国語:韓国語(1)」
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-05-06

ずっと”中断”していましたが、”再開”しようと思います。
きょうはフランス語についてです。

大学の第二外国語はフランス語でした。

なぜドイツ語ではなくフランス語を選んだのか、あまり明確な理由はありません。(覚えていません。)

ただ、1970年代に日本を席巻した「ノストラダムスの大予言」の影響があったような気もします。
ノストラダムスの”詩”は、古いフランス語で書かれているそうで、フランス語を少しかじったからといって、読めるようになるわけではないのですが、少しでも理解できるようになりたい、という考えはあったと思います。

大学1~2年生(教養課程)の担任は、フランス語や大家であり、比較文化の分野で有名なH教授でした。
そのほかにも、何人もの著名な教授の授業・講義を受けました。

しかし、残念ながら、楽器ばかり弾いていて、まじめな学生ではなかったので、フランス語はほとんどモノになりませんでした。

それでも、カイロ駐在時代に出張の際、フランスに立ち寄ったり、数年前に夏休みでパリに行ったりした際には、「少しは通じる」という程度の記憶は残っています。
ほかの言葉も同様ですが、「発音」だけはいいようなので、こちらの言うことは割と通じるのですが、相手の話は理解できず困る、ということの繰り返しです。

自分がしゃべる際は、事前に考えたうえで口に出すわけで、通じるのはある意味当たり前ですが、相手の言うことを聞く場合は、時間的な猶予はないので、どんな言葉でも、しゃべるよりは格段に難しいものです。

また、仕事で海外のニュースを扱う際も、フランス語の地名、あるいは人名がきちんと読める、ということは、役に立つことが結構あります。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「ハングル語?」=NHKの大罪 [日本語・外国語]

世の中には「ハングル」は言葉・言語の名称だと思っている人がとてもたくさんいます。

その結果、「ハングル語」という誤用が山のようにたくさんありますし、「ハングルをしゃべる」とか「ハングルの通訳」などという表現もよく耳にします。

つい先日の、小舟で青森沿岸にたどり着いた脱北者のニュースでも、通信社の記事に「ハングル語の上申書」という表現がありました。

そして、このような間違いが世間に広まったのはNHKの責任だということを声(文字?)を大にして言いたいと思います。

NHKは1980年代前半、韓国・朝鮮語の講座を始めました。
当時は、北朝鮮系の団体の力が強い時代。

恐らく、番組名を「韓国語講座」とすると抗議が来ると「配慮」したのでしょう。
かといって、「朝鮮語講座」も避けたい。

要するに、「韓国」も「(北)朝鮮」も使わないで済むようにと考え出したのが「アンニョンハシムニカ ハングル講座」という番組名だったということです。

NHKエデュケーショナル「NHK外国語講座」サイト↓
http://gogakuru.com/ha/tv_hanguel/

「在日朝鮮人」「在日韓国人」という言い方を避けるために「在日コリアン」という表現が定着して来ていますが、同じような事情だと思います。

NHKの話に戻りますが、他の言語では、「フランス語講座」とか「ロシア語講座」あるいは「〜語会話」という番組名になっていますので、明らかに韓国・朝鮮語だけ「特別扱い」しています。
これが、「ハングル=言葉・言語の呼び名」という誤解を招いたのは明らかです。

NHKは今からでも遅くないので、番組名を「韓国語講座」または「韓国・朝鮮語講座」に改め、「ハングルは文字の名前だ」ということを広く知らせるようにしてほしいものです。

ちなみに、去年から今年にかけて、テレビの「ハングル講座」を1年間見ましたが、当然のことながら中で出てくるのはすべて韓国の話。
北朝鮮についてはまったく触れられていませんでした。

ということで、私は、ニュースで出てくるときは場合によって、「韓国語」か「朝鮮語」、あるいは「韓国・朝鮮語」という表現を使い分けています。

ちなみに、話が前後しますが、「ハングル」は文字の名前だということは、ある表現が適切かどうかは、日本語についていう場合に「ひらがな」「カタカナ」に置き換えてみれば分かります。

「ハングルの通訳」 → 「ひらがなの通訳」 → ×
「ハングルをしゃべる」 → 「ひらがなをしゃべる」 → ×
「ハングルで書いた書類」 → 「ひらがなで書いた書類」 → 

…といった具合です。
皆さんも、おかしな表現を目にしたら、チェックしてみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「会議/会談」「事件/事故」 [日本語・外国語]

ニュース関係の仕事をしていると、言葉の使い方で迷うことがよくあります。

例えば、北朝鮮の核問題をめぐる日本、アメリカ、ロシア、中国、韓国、北朝鮮による会合については、いろんな呼び方があります。

日本の多くのメディアは「6ヵ国協議」と表記していますが、一部の新聞は「6者協議」です。

これは、政府(外務省など)の呼称に準じているものと思われます。
恐らく、外交関係のない北朝鮮が含まれるため「6ヵ国」という呼び方を避けたいのだと思います。

ちなみに、中国では「六方会談」ですし、韓国では「六者会談」(ユクチャフェダン)と呼ばれています。
また、英語では"Six Party Talks"です。

「首脳会談」と「首脳会議」も間違いやすい言葉です。

「会談」は2人、「会議」は3人以上と思いがちですが、「3者会談」「4者会談」というのもあるので、この定義は正確ではありません。
「議長のいるのが会議」「議長がいないのは会談」という説もあり、私はこの説が概ね正しいのではないかと思います。

さらに、「会議」には普通、政治的な意味合いはありませんが、「会談」と呼ばれるのは、政治的な意味のある会合・面会だけです。
政治的に”釣り合わない”人間同士が合う場合は、「会談」と呼ばず、「面会」とか「表敬訪問」になります。
例えば、総理大臣と中央省庁の課長クラスが会っても、役所の業務として会うのであれば、「会談」とは呼べません。
しかし、その課長が選挙に出馬するなどという事情があれば、広い意味での「会談」になることもあるでしょう。

また、総理大臣と拉致被害者の家族だと「面会」。
「○○の女王」とか「ミス××」が総理大臣と会う場合は、通常「表敬訪問」です。

ところで、会社で「『事件』と『事故』はどう違うか」ということを教えなければならない事態になりました。

ニュースでは、意識せずに使うことが多いのですが、改めて説明するとなると、簡単ではないことが分かりました。

あるサイトでの説明は、以下のようになっています。
「日常用語における事故とは、予期せずに人や物などに損傷や損害を与える出来事のことである。故意に損害を起こす事件とは明確に区別される。」

ということで、「故意かどうか」が決め手ということになります。

自動車が人を(故意ではなく)はねた場合は「交通事故」ですが、はねておいて逃げると「ひき逃げ事件」になるのは、こうした理由です。
逃げるのは意識した上での故意の行為だからです。

なかなか難しいものです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「三段バラ肉」「走者一掃」 [日本語・外国語]

「『ブルーシート』『規制線』」↓に続く気になる日本語シリーズ、きょうは「三段バラ肉」!?と「走者一掃」です。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2007-03-28

最近よく耳にする「三段バラ肉」という言葉。
思わず自分のおなかの肉をつまみたくなります。

特に、韓国料理店などでよく使われているようで、ネットで「三段バラ肉」を検索すると山のようにヒットします。
最近人気のある「サムギョプサル」という豚肉を使った”焼き肉”の説明で使われているようです。

この「サムギョプサル」は、豚のバラ肉を使った料理ですが、バラ肉は別名「三枚肉」とも呼ばれます。
この「バラ肉」と「三枚肉」がごっちゃになって、「三段バラ肉」という言葉が使われるようになったのではないかと推察します。

もちろん「三段腹」という言葉に引きずられているのだろうと思いますが…。

最初に使ったのが日本人なのか、韓国の人なのかは分かりませんが、何となく「聞いたことがあるような気がする」という言葉が、いつの間にか定着する、という現象は昔からあるはずです。
適切な例かどうか分かりませんが、「新しい」(あたらしい)も、本来は「新たしい」(あらたしい)だったものが、変化したという話を聞いたことがあります。


もう一つ、「走者一掃」ですが、これはもちろん野球用語です。
本来「満塁の走者を全員還(かえ)す」という意味で、二塁打か三塁打(まれにシングルヒット)によることが普通です。
しかし、最近、大リーグのニュースなどで、走者が2人しかいない場合にも「ランナー2人を返す”走者一掃の”二塁打」などという表現を目にします。
野球のニュースに慣れていないアメリカ駐在の記者が報告する場合があるではないか、と思われます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ブルーシート」「規制線」 [日本語・外国語]

ニュースに出てくる言葉で「1両編成」や「胴体着陸」が気になると書きましたが、「おかしいな」「聞き慣れないな」という言葉は他にもあります。

1つは「ブルーシート」です。

工事現場などでよく見られる、青色のビニールシートのことですが、「ブルーシート」の見出しでは辞書には出ていません。

「青いシート」などと言った方がいいと思っています。

もう1つが「規制線」

事件現場などで警察が立ち入り禁止とした範囲を示す線で、通常はテープなどで示されます。
この「規制線」も辞書には載っていないようです。

「ブルーシート」も「規制線」も、現場でリポートするテレビの記者などがよく使っているわけですが、いつも「そんな言葉聞いたことないぞ」と思っています。
(と言いながら「聞いたこと」があるわけですが…。)

ただ、このよう言葉も、使われていくうちに市民権を得ていくと思われるので、あまり目くじらを立てる必要もないとは思いますが…。

過去にも、例えば「ゼネコン」という言葉は、ニュースで使われ始めた当初は、「聞き慣れない」「業界用語ではないか」という感じを受けたのですが、そのうち「市民権」を得ました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「連濁」と韓国語(2) [日本語・外国語]

ずいぶん間が空いてしまいましたが、「『連濁』と韓国語」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-11-15

日本語には、濁音と清音という区別があり、これは通常「有声音」「無声音」に”対応”しています。

一方、韓国語には「平音」(無気音)と「激音」(有気音)という区別(他に濃音)という区別があります。

この韓国語の子音のうち、「平音」が「語頭では無声音、語中では有声音」のように聞こえます。

この「語頭では無声音、語中では有声音」という現象は、日本語の「連濁」と非常に似ています。

ちなみに、中国語にも「有気音」と「無気音」の区別があります。

この中国語と韓国語、そして日本語の音韻の関係は、調べてみると複雑な関係があるのではないかと思っています。


ところで、国語学者であるSKinsuiさん(大学オケの先輩)のブログ↓のコメント欄に書いたのですが、韓国語の「平音は語頭では濁らず、語中では濁っているように聞こえる」という現象と、日本語の連濁には関連があるのではないかと思っています。
http://skinsui.cocolog-nifty.com/skinsuis_blog/

そこで、「元々の日本語には『連濁』という現象はなかったが、朝鮮半島の言葉の影響でそうした現象が日本語に定着した」という仮説を立ててみました。

ただ、問題なのは、日本語では「連濁」を起こすのは主に「やまと言葉」(?)=つまり「漢語」ではないことがほとんどなのに対し、韓国語では漢語でも「語頭では無声音、語中では有声音」という現象があることです。

私は学者ではないので、これ以上の検証はできそうにないのですが、時間ができたらゆっくり考えてみたいと思っています。

これも考えがまとまらないのですが、日本語と韓国語の間には、こうした発音だけとっても、いろんな「共通点」や「影響を受けた・与えた」歴史があるのではないかと思います。

おいおい考えたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「胴体着陸」? [日本語・外国語]

今月初め、「1両編成?」で列車事故の報道における用語の問題について触れました。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2007-03-04

そこで今度は、航空機の”事故”についてです。

今月13日にあった高知空港での全日空系エアーセントラル機の緊急着陸。
新聞・テレビのほとんどすべてが、「胴体着陸」という言葉を使っていますが、どうもこの言葉に違和感があります。

航空会社が使うような機体ではあまりありませんが、小型機(2~4人乗りくらい)では、「車輪がすべて出ない」という事態がたまにあって、アメリカあたりから映像が入ってくることもあります。

「車輪が1本も出ていない」という状況であれば、当然のことながら、機体の下部全体をこすりながら着陸せざるをえないわけで、これが文字通りの「胴体着陸」だと思います。

これに対し、先日のエアーセントラル機の場合は、「胴体」というよりは、機体の「鼻先」をこすって着陸した感じではないでしょうか。

ただ、これを「一言」で表す言葉はなさそうですし、「鼻先をこすりながらの緊急着陸」ではごろが悪いし、文字数も多い。
ということで、簡潔な「胴体着陸」という用語に「収れん」したのではなかろうか、と思います。

ただ、「ちょっと違うのではないか」という言葉を、「便利だから」と使うのは、マスメディアの悪い傾向ではないかという気もしています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「1両編成」「号車番号」? [日本語・外国語]

先日、北海道の踏切で鉄道車両とトレーラーの事故がありました。

そのニュースの中でよく使われていたのが、「1両編成の列車」という表現。

どうも変、しっくりこないような気がします。
それも二重の意味で…。

まず、「列車」をネット辞書で引くと、「大辞泉」の記述として「旅客や貨物を運ぶために線路上を走る連結した車両」と出ています。

語感から考えても、「列」を成しているから「列車」なのであって、1両しかないものは、「列車」という語感とは結びつかないのではないでしょうか。

もう一つ、「1両編成」「編成」も変です。
「編成」とは複数の物・人が集まっている状態ではないでしょうか。
「1人編成の室内楽(合奏)」とか「1人編成のバンド」とは言わないと思います。

ちなみに、”専門用語”としては、車両1両で運行される鉄道車両を呼ぶのに「単行」という言葉がありますが、あまり一般的ではありません。

もちろん、いろんなテレビのリポーターが使っていた「電車」という呼び方は、完全な間違いです。
事故に遭ったのは「ディーゼルカー」ですので、一応「気動車」という呼び方があるようですが、これも一般的ではないと思います。

その場合、「電車」でなければ「列車」という言葉を使わざるを得ないのは理解できますが…。

ついでというわけでもありませんが、2日付のある新聞に「『号車』って変ですか?」という記事が載っていました。
JR東日本などが「号車番号をお確かめのうえ…」などと、アナウンスやウェブサイト上の記述に使っているとのこと。
たしかに、数字が付かずに「号車」だけを使うのは、おかしい気はします。

その新聞は「新潮国語辞典などの編修者で二松学舎大学の白藤礼幸・大学院教授(国語史)は、『例えば1号車は“1号+車両”で、数える場合の号は数字と強く結び付いた接尾語となる。表の区分単位で便宜的に使ううち、拡大使用されてきたのだろうが、あたかも名詞のように号車と使うのは問題であろう。何人目の“人目”や何階建ての“階建て”が名詞になり得ないのと同じだ』と指摘している」と書いています。

やはり「1号車」「2号車」などと、数字を入れるか、「何号車かをお確かめのうえ…」などという言い方しかないのでしょう…。

ちなみに、「車両番号」というと、「クハE231-1」など、1両ずつに付けられた番号になりますし、「列車番号」というと、時刻表などに載っている「531M」など、ダイヤ上(運行上)の番号のことを指します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

よんふんまえ? [日本語・外国語]

最近、職場の若者を中心に、助数詞を濁らない例が増えているのに気づきました。

例えばこんな感じです。(カッコ内は私が普通だと思う読み方。)

4分前=よんふんまえ(サンプンマエ)
第3版=だいさんはん(ダイサンパン


なぜだか、理由はよく分かりません。
「よんふんまえ」と叫んでいた20歳の女性に聞いてみましたが、特に理由はなさそうでした。

一つ考えられるのは、前にどんな数字がきても、「ふん(分)」「はん(版)」など、基本の(濁らない)発音を変えないようにしているのではないか、ということです。
それにより、「変な濁り方」をして指摘されたり、笑われたり、という場面を避けたいという心理があるのではないでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「セロ」 [日本語・外国語]

「セロ」というマジシャン(?)↓を最近、テレビなどでよく見かけます。
http://www.magicrevolution.jp/

「セロ」を見かけるようになってから気になっていたのは、どのような出自の人で、「セロ」とはどう書くのだろう、ということです。

調べてみると、アメリカ人(ハリウッド出身)で本名はCyril Takayamaといい、父親が日本人(沖縄出身)、母親はフランス系モロッコ人とのことです。

アメリカ人ですから、名前の"Cyril"は英語ということになり、日本語では「シリル」と表記するのが”普通”ではないかと思います。

しかし、アメリカ人に対しては、「セロ」の方が、「シリル」よりも通用するのではないか、という気がします。
同じような例は、他にもあります。
(右のほうが「原音」に近く聞こえる…?)
マイケル → マイコー
アンビリーバブル → アンビリバボー

 …などなど。

かつては、外国語は文字(書物など)で目にすることが圧倒的に多かったため、外国語を日本語(カタカタ)表記する場合には、元の外国語の綴りを意識した書き方になっていたようです。

しかし、人の移動が増え、メディアなどの発達で外国語の発音を耳にする機会が増えています。
このため、綴りよりも耳に聞こえる発音を意識したカタカナ表記が増えているのだと思います。

考えてみれば、幕末や明治時代の外国語表記も、「耳に聞こえた音」に素直なものだったのではないでしょうか。
例えば、以下のようなものです。(カッコ内は現在の表記例)
メリケン(アメリカン)
バケツ(バケット)
ケーキ(ケーク、ケイク)

 …などなど。

確かに、「メリケン」の方が、「アメリカン」よりはアメリカ人に通じるかもしれません。
「掘った芋いじるな」(What time is it now?)みたいですが…。

しかし、「元の綴りがすぐに思い浮かぶ」という方式も、それなりに利点があるわけで、必ずしも「音に忠実」な書き方の方が優れているとは言い切れないのが難しいとことです。

たとえば、「ミネラルウォーター」は、「ミネロワラ」と言った方が通じるかもしれませんが、果たしてそれがみんなに分かりやすいかどうか…。

なかなか難しい問題です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 日本語・外国語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。