So-net無料ブログ作成

「グーグル秘録」 [読書]

▼読み終わった本
*「グーグル秘録 完全なる破壊」
ケン・オーレッタ著、土方奈美・訳、文藝春秋


グーグル秘録

グーグル秘録

  • 作者: ケン・オーレッタ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/05/14
  • メディア: 単行本

【帯紹介】
******************************

最強にして最も危険
徹底的な調査報道による
驚愕の歴史

******************************

【帯(裏表紙側)紹介】
******************************

我々は検索をするたびに、グーグルに何かを与えている
「すべてが検索という階層を起点に、積み重なって行く。
我々が検索結果を選ぶたびに、グーグルは何かを学習している。(中略)
データベースはプライバシーや企業間競争、
商取引やコンテンツへのアクセスといったものを、
すべて支配するのだ。
OSは必ずしもユーザーが入手するコンテンツを
コントロールするものではないため、
(マイクロソフトと)危険性はまったく異なる」(本文より)
******************************


【カバー袖の紹介文】
******************************
すべての産業の基盤を破壊して、グーグルが創造する新たな世界
○経営しているのは感情を理解しない科学者たち
○プライバシー権、著作権がなぜ必要かと疑う
○広告代理店、巨大メディアはすべて中抜きされた
○マイクロソフト、アップルも脅かし衝突
○電話会社を無力かする新たな通信技術
○ソニーの出井は、アイポッドをまったく脅威と感じていなかった
○中国やイランでは専制国家の体制を根本から揺るがす
○最大の弱点は人材流出を引き止められないこと

グーグルによって存在を根底から揺さぶられる側にも徹底取材
******************************

手抜きで申し訳ないのですが、グーグルを考えるにあたってのポイント・問題点の多くは、このカバー(袖)の紹介文の中にあると思います。

「感情を理解しない」「プライバシー、著作権(の必要性)を疑う」という部分は、グーグルの事業展開にあたって、たびたび問題になってきたと思います。

グーグル側の問題提起は、一見もっともなような気もしますが、そもそも「プライバシー」とか「著作権」という権利の概念が、インターネットを前提にしていないと思うので、こうした議論の前提となる「権利」についての考え方を整理する必要があるように思います。

グーグルが「邪悪にならない」という絶対的な方針を持っていることはよく知られていますし、これを逸脱しているとは思っているわけではないのですが…。


あまりいい例えではないとは思いますが、アメリカ先住民を『征服』した入植者(白人)とか、中南米で『布教』を行った宣教師たちは、自分たちが『邪悪』だとは思っていなかったはずです。
いくら「自分たちは邪悪ではない」と言っても、一方的な価値観の押しつけは、問題が多いような気がするのですが…。
(うまく話がまとまらないままで申し訳ありません。)



クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 4

YAP

最後の一説を読んで、なるほどと思いました。
アメリカって、征服された土地なんですもんね。
by YAP (2010-09-30 08:21) 

Lionbass

YAPさま
グーグルも一時ほどの勢いはないのでしょうが、それでも「どこまでやるのか?」という感じがしますよね。
当面は注目せざるを得ないのではないでしょうか?
by Lionbass (2010-10-02 23:10) 

青沢東(QMY)

ちょっと話がずれますが、Universumということろが2010年世界で最も魅力的な企業という指標を発表しており、その1位がグーグルでした。そして、2位が我々のカラオケ(K)・パチンコ(P)・マージャン(M)・ゴルフ(G)会計事務所、3位から5位まで会計事務所…なんで?!と思う結果でありました。
by 青沢東(QMY) (2010-10-09 11:57) 

Lionbass

青沢東さま
そうですか、そんなに魅力的な会社なんですね。
でも、なんだか調査の母集団が偏っているのではという疑念が…。(笑)
by Lionbass (2010-10-11 21:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。