So-net無料ブログ作成

噂の『豪華ブティック・ホテル』に泊まる【2010夏休み中国旅行記(14)】 [旅行・乗り物]

「雷雨で遅れ離陸前に機内食【2010夏休み中国旅行記(13)】」から続きます。

1時間半遅れで北京・首都空港に到着し、タクシーで北京市内へ。
運転手のひどい北京訛りに辟易しながらも、何とか行き先を指示します。

向かったのは朝陽区三里屯
北京在住当時、仕事や買い物などでよく訪れた地区です。

最後、ホテルの前の道が混雑してましたが、無事に到着してチェックイン。
早速部屋に向かいます。
上海のロイヤル・メリディアンもそうでしたが、非接触式のカードキーです。
IMG_2070ホテルキー.JPG

<追記>
部屋は「45㎡ステュディオ」で予約してあったのですが、空きがあるとかで「70㎡ステュディオ」にアップグレードされてました。
「ステュディオ」(Studio、『スタジオ』の意)はいわゆる『ワンルーム』のことです。
昔住んでた団地やマンションの部屋より広い!


部屋はこんな感じで、床は無垢材風のフローリング。
インテリアも非常にスッキリしています。
IMG_1974ホテル部屋.JPG
IMG_2014ホテル部屋.JPG

ということで、北京での宿泊先に選んだのは、三里屯にある瑜舎/The Opposite House(オポジット・ハウス)というホテルです。

ウェブサイトには"Boutique Luxury Hotel - Beijing" つまり『豪華ブティック・ホテル』と書いてあります。
日本でブティックホテルというと、怪しい宿を差す場合もあるようですが、神戸の北野ホテルなどもブティックホテルと称しているとのこと。
英語の辞書を見ると"boutique hotel"「質の高い小ホテル」と出ています。

バスルームも木が基調のインテリア。
深いバスタブがあり、シャワーブースは別になっています。
IMG_1975ホテルバスルーム.JPG
IMG_1977ホテル洗面所.JPG
IMG_1978ホテル洗面所.JPGIMG_1980洗面所蛇口.JPG

部屋のテレビはもちろん薄型大画面で、音声はサラウンド方式。
IMG_2173薄型テレビ.JPG

嬉しいのは冷蔵庫(ミニバー)の中身が全部無料!
夕食は、上海離陸前の機内食で済ませたので、早速ビールをいただきます。
左の「おいしさ」と書いてあるパッケージは、「わさび豆」です。
ビールのつまみにぴったり!
IMG_1983青島&北京ビール.JPG


実は、このホテルのことを知ったのは、「北京はきょうも晴れ?」というタイトルのWhitesoxさんのブログの去年4月のエントリー「フロントの無いホテル」を見てのこと。

日本人建築家隈研吾デザインということです。

ホテルの外観はこんな感じです。
IMG_1993ホテル外観.JPG
IMG_1994オポジットハウス.JPG
IMG_2139ホテル入り口.JPG

ロビーは吹き抜けになっていて、『廊下』はやはり木材基調の空間となっています。
IMG_1986ホテル廊下.JPG
IMG_2072廊下.JPG

そして、ロビーはまるで美術館のよう。
IMG_1987ホテルロビー.JPG
IMG_1989ホテルロビー.JPG
IMG_1995ホテルロビー.JPGIMG_2069ロビー.JPG
IMG_2133ホテルロビー.JPG
IMG_2134ホテルロビー.JPG
IMG_2136ホテルロビー.JPG
IMG_2135頭蓋骨.JPG

ロビーに隣接したカフェでの朝食。
IMG_1992ホテルカフェ.JPG
IMG_1988ホテル朝食.JPG

このホテルの普通じゃない点の1つは、whitesoxさんのブログのタイトルにもあるように、「フロント」がないこと。
「リンビングルーム」と名付けられた玄関そばのスペースはソファが置かれていて、チェックインなどの手続きは、すべてここで行います。
サインなどは無線LAN接続の端末を使用。
IMG_2073リビングルーム.JPG
IMG_2140リビングルーム.JPG

そして、ホテルのスタッフはみんな若く、カジュアルなパンツにパーカーという服装です。
みんな英語を話すのですが、これはさすがに「もっとがんばりましょう」というスタッフもいました。
まあ、上海のメリディアンやハイアットといった外資系一流ホテルに比べての話ですが…。
IMG_2141リビングルーム.JPG
IMG_2175ホテルスタッフ.JPG

プールとフィットネスルームは地下2階に。
なかなか不思議な空間です。
IMG_4101プール.JPG

ちなみに、今回は「4泊すれば4泊目は無料」(4泊しても3泊分の料金)というキャンペーンをやっていたので、それを利用しました。

(つづく)


クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 8

青沢東(QMY)

すごい!最新式のデザインと機能のお部屋ですね。木目調がとってもおしゃれです。
でも、なぜ中国の高級ホテルのお風呂はガラス張りなんでしょうか。いまだに不思議です。
by 青沢東(QMY) (2010-08-28 11:39) 

八犬伝

ミニバー無料って、凄いですね。
中身は、結構入っていましたか?
by 八犬伝 (2010-08-28 15:13) 

YAP

おしゃれなホテルですね。
木の洗面台は、かびたりしないんですかね?
ミニバー無料というのも魅力的です。
そういえば、ラスベガスのホテルでは、置いてあるビンや缶をちょっと動かしただけで課金される、恐ろしいミニバーがありました。
それと比べると、安心ですね。
by YAP (2010-08-28 18:59) 

ぬれぴよこ

本当に美術館みたいですね♪

木の洗面台に驚きました!
蛇口のデザインも斬新で、どうやって水を出したらいいのか悩みそうです(笑)
ぽち☆☆☆
by ぬれぴよこ (2010-08-29 01:56) 

Lionbass

青沢東さま
おしゃれなのも驚きましたが、広さもすごくて、室内の移動が面倒でした。(笑)
バスルームも相当な広さでした。
70㎡のお部屋の3分の1がお風呂+洗面所だったような気がします。
by Lionbass (2010-08-30 18:37) 

Lionbass

八犬伝さま
ミニバーは、さすがに有料のものほどは入ってませんでしたが、十分な量でした。
ビール4本にミネラルウォーターやコーラなど。
写真のわさび豆のほか、チョコレートなども無料でした。
by Lionbass (2010-08-30 18:39) 

Lionbass

YAPさま
洗面台の木材は、処理を施した合板だと思うので、その辺は大丈夫なのでしょう。
シンクが浅くて、水がはねたりちょっと使いにくかったのですが…。
そういえば、ビンの入った冷蔵庫で、ビンを抜いた瞬間に課金されるというのは見たことがありますね。
by Lionbass (2010-08-30 18:41) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
蛇口はどうひねればいいのか、一瞬迷いました。
ロビーの雰囲気は独特でした。
世界でいろんなホテルに泊まりましたが、「こんなの初めて」って感じでした。
ぽち☆☆☆ありがとうございます。
by Lionbass (2010-08-30 18:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。