So-net無料ブログ作成

グローバルフィルの『オールハンガリー・プログラム』を聴く [音楽・楽器]

今年1月に「オール・ラヴェル・プログラム」、去年8月にはブルックナー7番を聴いたアマチュアオケ、グローバル・フィルハーモニック

きのう第45回定期演奏会を聴いてきました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
グローバル・フィルハーモニック・オーケストラ第45回定期演奏会
日時:2010年7月19日(月・祝)
会場:すみだトリフォニーホール大ホール(錦糸町)
指揮:キンボー・イシイ=エトウ
曲目:リスト 交響詩「オルフェウス」
   コダーイ 「ハーリ・ヤーノシュ」組曲(ツィンバロン:崎村潤子)
   バルトーク 「管弦楽のための協奏曲」
   <アンコール>
   ブラームス ハンガリー舞曲第5番
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMGグローバル45P.jpg

リスト、コダーイ、バルトークの3人はいずれもハンガリー出身。
ということで、オール・ハンガリー・プログラムでした。

「オルフェウス」は初めて聴きました。
「ハーリ・ヤーノシュ」は有名な曲ですし、何度も聞いているのですが、演奏したことありません。
そして、「管弦楽のための協奏曲」(『オケコン』)は二十数年前に1度だけ演奏してます。

きのうの演奏、さすがにグローバルという感じで、特に弦楽器の健闘が目立ちました。
1stバイオリンはとても音楽性豊かでしたし、ビオラの長いソロは楽器がよく鳴っている感じ。
コントラバスの響きは、よくオケを支えている感じで、音程もよかったと思います。

管楽器は、パートによって、曲の消化のしかたに若干差があったような感じがしましたが…。

また、「ハーリ・ヤーノシュ」にはツィンバロン(弦を叩いて演奏する楽器)が入っていました。

後半もステージ後方に置いてあったので、アンコールに使うのだろうと思っていたところ、ハンガリー舞曲でも使われていました。


<追記>
それにしてもグローバルフィルの動員力にはいつも感心します。
きのうも9割近い席が埋まっていたのではないでしょうか?
すみだトリフォニー大ホールの収容人員は1,800人だそうですが…。



グローバルフィル、次回の演奏会は来年1月16日に「禿げ山の一夜」(ムソルグスキー)、ピアノ協奏曲第2番(ラフマニノフ)、交響曲第5番(プロコフィエフ)だそうです。
(指揮は去年TAMA21交響楽団でご一緒した橘直貴氏。)

クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 2

青沢東(QMY)

パンフレットの表紙の写真もハンガリーなんですか?森の中かしら?
とっても幻想的な風景で、ぜひ一度この目で見てみたいです!
by 青沢東(QMY) (2010-07-22 06:50) 

Lionbass

青沢東さま
プログラムの表紙のこと、全然気にしてませんでした。
誰かに会ったら聞いてみますが分かるかどうか…。m(_ _)m
by Lionbass (2010-07-24 22:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。