So-net無料ブログ作成

「ハプスブルク三都物語」 [読書]

▼読み終わった本
*「ハプスブルク三都物語—ウィーン、プラハ、ブダペスト」
河野純一・著、中公新書


ハプスブルク三都物語 - ウィーン、プラハ、ブダペスト

ハプスブルク三都物語 - ウィーン、プラハ、ブダペスト

  • 作者: 河野 純一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/11/26
  • メディア: 新書

【帯紹介】
******************************

時よ止まれ、
お前はあまりに美しい

「現在の中に含まれた過去」に満ちている魅惑の都
名建築やカフェのたのしみもぞんぶんに
******************************


タイトルにある通り、ハプスブルク家支配下のオーストリア・ハンガリー帝国の3つの主要都市、ウィーン、プラハ、ブダペストについて述べた本。
著者は、ドイツ語・ドイツ文学専門でウィーン大学で客員教授を務めた経歴をお持ちだそうです。

私はウィーンは何度か行ったことがありますが、20年前の話。
一方、プラハとブダペストは行ったことがありませんが、最近、どちらも韓国ドラマの舞台になっていたので、画面を通して見ました。
プラハはチョン・ドヨン主演の「プラハの恋人」、そしてブダペストは現在地上波で放送中のイ・ビョンホン主演の「IRIS(アイリス)」の舞台となっています。

また、最近読んだ「秘密諜報員ベートーヴェン」でもウィーンやプラハの話が出てきます。

近いうちに是非旅行に行ってみたいと改めて思いました。


▽購入した本
*「ハングルの誕生 音から文字を創る」
野間秀樹・著、平凡社新書


ハングルの誕生 音から文字を創る

ハングルの誕生 音から文字を創る

  • 作者: 野間 秀樹
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2010/05/15
  • メディア: 新書





クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 2

青沢東(QMY)

学生時代ヨーロッパのバックパッカーをしておりましたが、東欧は行ってなかったですねえ。
オーストリアでは、ウィンナーコーヒーを飲んでザッハトルテを食べるんだ!と息巻いておりましたが、ウィンナーコーヒーは見つからず、普通のコーヒーとチョコレートケーキを食べたような気がします。
by 青沢東(QMY) (2010-07-19 12:28) 

Lionbass

青沢東さま
Hotel Sacherは行ったような気がするのですが、何を食べたかよく覚えてません。
オペラハウスで「魔笛」を聴いたのは覚えてるんですが…。
by Lionbass (2010-07-20 16:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。