So-net無料ブログ作成

「日本語は亡びない」 [読書]

▼読み終わった本
*「日本語は亡びない」
金谷武洋・著、ちくま新書


日本語は亡びない

日本語は亡びない

  • 作者: 金谷 武洋
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: 新書

【帯紹介】
******************************

底力を徹底解明!
「5つの免疫機能」ってなに?
******************************

【表紙カバー紹介文】
******************************
……私は日本語が亡びるというような悲観論には与することはできない。
日本語の将来に対して楽観している。
ただ、日本語の文法には、正しい姿がいまだに記述されていない不備がある。
日本語を巡る状況が改善されることを祈り、本書を上梓するのである。………………
******************************


著者はカナダ在住の日本語学の専門家。

金谷氏の本は、これまでに「日本語文法の謎を解く」「主語を抹殺した男」などアップしました。
ブログを始める以前にも「日本語に主語はいらない」という本を読みました。

日本語に主語はいらない (講談社選書メチエ)

日本語に主語はいらない (講談社選書メチエ)

  • 作者: 金谷 武洋
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/01/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


この「日本語は亡びない」は、水村美苗の「日本語が亡びるとき」(2008年)という本への「反論」として書かれたということのようです。

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

  • 作者: 水村 美苗
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2008/11/05
  • メディア: 単行本


「日本語が亡びるとき」は、世界的に英語がますます「勢力」を強める中、日本語の将来について悲観的な立場を示した本です。
(実は買って読んではいないのですが…。)

しかし、著者(金谷氏)は、帯にあるように「日本語には5つの免疫機能がある」として、将来について楽観的な見方を示しています。
その免疫機能とは(1)品詞(2)基礎語彙(3)表記(4)発音(5)語形…の5つということです。
興味のある方は是非お読みになってください。

この本ではさらに、現代のすぐれた日本語表現者として「2人のみゆき」を取り上げています。
その2人とは作家の宮部みゆきと歌手・シンガーソングライターの中島みゆきです。

本文に「宮部みゆきの本を読んでいないなら、先に小説を読め」という風に書かれていて、私は読んでいないので、この部分は飛ばして読みました。
(したがって、本エントリー冒頭の「読み終わった本」というのは正確ではありません。)
宿題を出された気分です。

中島みゆきの詩(詞)の世界についての分析は、なかなか興味深く読みました。
オールナイトニッポンを聴いていた世代ですので…。


クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 2

青沢東(QMY)

オールナイトニッポンの中島みゆきですか…イマドキノ若者は深夜ラジオなんて聞くんでしょうかね。葉書書いてステッカー貰って喜んだりとか…今は何でもネットなんでしょうかね。時代は変わりました…。
by 青沢東(QMY) (2010-05-20 05:43) 

Lionbass

青沢東さま
最近、夜中にラジオ聴かないですね。
車運転中は例外ですが、主にFM聴いてます。
by Lionbass (2010-05-22 12:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。