So-net無料ブログ作成

「のだめカンタービレ最終楽章後編」 [テレビ・映画]

愛が「のだめカンタービレ 最終楽章・後編」を試写会で見ました。

テレビドラマと「のだめカンタービレ 最終楽章・前編」に続く完結編です。

一般公開は4月17日から。

IMGのだめ最終楽章後編(表).jpg
IMGのだめ最終楽章後編(裏).jpg

全篇パリプラハで話が進行。

ラヴェルやショパンのピアノ協奏曲が、ストーリー展開で重要な役割を果たしています。
ベートーヴェンのピアノソナタも印象的に使われてます。
あとテルミンが出てきたり…。

「音楽との向き合い方」みたいな部分に重点が置かれていて、ちょっとヘヴィーな感じでした。
個人的にも、少し考えさせられました。


そして、竹中直人扮する指揮者・シュトレーゼマンが重要な役目を担います。
ドラマのときから竹中直人のこの役には違和感があったのですが、やはり最後までそうでした。

ベッキーの「ターニャ」とか、ウェンツ瑛士の「フランク」といった配役から考えれば、ほかの人選もあり得たのではないかと思ったりしました。

ドラマの開始から数えると、約4年になるそうですが、玉木宏の指揮者ぶりはある程度の進歩は認められると思いました。
水川あさみのバイオリニストぶりも…。

クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。