So-net無料ブログ作成

ドロドロドラマ2本(「揺れないで」「妻の誘惑」)を見る~韓国ドラマの話(36)~ [テレビ・映画]

「『コーヒープリンス1号店』~韓国ドラマの話(35)~」以来、久しぶりの韓国ドラマの話です。


会社でKNTVというCSの韓国専門チャンネルが見られるのですが、ニュースを見たあとそのままにしていることが多いので、ドラマも横目で見ています。
字幕付きだと、音声を消したままでも内容が分かるので、仕事しながらでも何となく筋を追うことができます。


ということで、しばらく前に見た2本のドラマについて…。
(どちらも100話を超える長い話なので、ほんの一部しか見ていませんが…。)

まずは、「揺れないで」というドラマ。
2008年に放送された「朝ドラ」だそうです。(全164話)
img揺れないで.jpg

ストーリーは1人の男を挟んで、義理の姉妹がドロドロの「闘争」を繰り広げるというもの。
「姉」は、「『財閥』の御曹司」(といっても通販会社のオーナーの息子)との結婚をめぐり、自分の家族関係を隠そうとウソをつき、それを隠すためにさらにウソをついたり陰謀をめぐらしたりします。

その「御曹司」役はキム・ナムジンという俳優で、ドラマ紹介には「白馬に乗った王子」のような人物だとか書いてあるのですが、とても「王子」には見えません。
トラブルのかなりの部分は、この「御曹司」の優柔不断さに起因しているような気もしますし…。



そしてもう1本は「妻の誘惑」というドラマ。
img妻の誘惑.jpg

妻が浮気者の(元)夫に復讐するため、「変身」して別人になり、この(元)夫と再度結婚するという荒唐無稽(?)なお話。
こちらは2008年、平日夜に毎日放送していたそうです。(全129話)

こちらも、(元)夫は「金持ちの息子」という設定で、いい加減さが際立っています。
演じているのはピョン・ウミンという俳優。
以前見た「ローファーム」というドラマでは、頼りない弁護士訳でした。


どちらのドラマも、日本で言うと「昼ドラ」のような「ドロドロ」がウリなのでしょう。
悪役の女性が、「これでもか」と悪事を考え、悪事を働くのですが、最後には(一応)罰を受けます。
でも、悪いのは「金持ちの息子」の男の方ではないか、と思いました。
どうでもいいんですけどね…。^=^;;;

そういえば、日本の「昼ドラ」はほとんど見たことないことに今さらながら気づきました。


クリック↓お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村

タグ:韓国 ドラマ
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 6

コメント 2

junko

韓国ドラマって、現代ものは『どろどろしている』と印象が強くて。
どろどろ系は苦手なので、見ないのではなく、見れないのですが(^^;
時代ものはいくつか見たことがあるんですけど、
それも・・・結局は、どろどろしてますよね(笑)
by junko (2010-03-21 10:56) 

Lionbass

junkoさま
日本の昼ドラも以前、「どろどろ」だといって話題になりましたし、アメリカのドラマだったどろどろのものもあるとは思うのですが…。
最近は、ラテン系(中南米)のドラマも放送していて、ファンがいるそうですね。
by Lionbass (2010-03-26 00:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。