So-net無料ブログ作成

石川滋コントラバス・リサイタル [音楽・楽器]

去年7月に東京オペラシティーで開かれた「石川滋コントラバスリサイタル」がNHKで放送されていたので録画し、数日前に見ました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
曲目:「コントラバスとピアノのためのソナタ」(ヒンデミット)
   「コントラバスとピアノのための4つの小品から“タランテラ”」(グリエール)
   「バイオリン・ソナタ イ長調(コントラバス版)」(フランク)
コントラバス:石川滋/ピアノ:エドムンド・アーカス
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20100216/001/10-1300.html

IMG_0415石川滋.JPG

弦楽器の山本のウェブサイトによると、石川氏の経歴は以下の通り。

**********************************************************
スイスのベルン交響楽団ソロ首席コントラバス奏者。
慶応義塾大学経済学部卒業。
桐朋学園ディブロマ・コースに在籍し、堤俊作にコントラバスを師事。
エール大学にてゲイリー・カーに師事。
ジュリアード音楽院でユージン・レヴィンソンに師事、同修士課程卒業。
フロリダ・フィルハーモニック・オーケストラ首席奏者、ニューワールド交響楽団首席奏者、ボストン音楽院講師、ほかアメリカでの豊かな経歴を経て、現在はベルン交響楽団ソロ首席奏者。
**********************************************************


非常に安定した演奏で、ハイポジションの部分でも探るようなところがなく、非常に音楽的でした。

そのハイポジションですが、写真でお分かりになりますでしょうか。
指板に目印が付いてます。

ギター(フォークギターやエレキギター)では付いているのが普通ですが、コントラバスではあまり見かけません。

(もちろん、音楽的によりよい演奏が出来るのであれば、目印があろうが、フレットが付いていようが、全然構わないと思います。)

楽器のサイズも結構大きいように見えましたが、非常に手堅く「弾きこなしている」という印象でした。

クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 2

schnitzer

復帰の記事にご来訪頂きましてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
鉄ネタを楽しみにしております(笑)
by schnitzer (2010-02-13 11:50) 

Lionbass

schnitzerさま
すみません、最近テツ分が不足しておりますが、今後ともよろしくお願いします。

by Lionbass (2010-02-16 20:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。