So-net無料ブログ作成

「漢字の相談室」 [読書]

▼読み終わった本
*「漢字の相談室」
阿辻哲次・著、文春新書


漢字の相談室

漢字の相談室

  • 作者: 阿辻 哲次
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 新書


【帯紹介】
******************************

全国の「タカハシさん」「ワタナベさん」には
なぜ様々な漢字の人がいるのですか?

あらゆる漢字の疑問に
お答えいたします

******************************

質問に答える形式で、漢字に関する知識・うんちくを披露している本です。

著者は京都大学の先生。
(大阪の北野高校出身らしい。)
文化庁の国語分科会漢字小委員会の委員を務めるなど、日本における漢字に関する権威の1人です。


帯にあるような名字における「異体字」の話から、新しい常用漢字における部首の違いとJIS基準の話、「龍」という字を4つ並べた最も画数の多い漢字(64画)の話まで、漢字にまつわる興味深い話がいくつも紹介されています。

新たに知った話もあれば、再確認できた話もあり、1日で読み終わりました。

▽購入した本
*「ぼくたちが聖書について知りたかったこと」
池澤夏樹・著、小学館


ぼくたちが聖書について知りたかったこと

ぼくたちが聖書について知りたかったこと

  • 作者: 池澤 夏樹
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: 単行本




クリック↓お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 2

YAP

同じ漢字なのに、読み方がいろいろある苗字もありますよね。
私が知っている一番読み方の種類が多いのは「角田」さんかなあ。
かどた、かくた、つのだ、すみた。
不思議です。
by YAP (2010-02-05 07:44) 

Lionbass

YAPさま
そうですね。
私の名字も、微妙に間違って呼ばれる(読まれる)ことがよくあります。
by Lionbass (2010-02-06 21:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。