So-net無料ブログ作成

「アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか」 [読書]

▼読み終わった本
*「アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか」
佐藤唯行・著、新潮文庫


アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか

  • 作者: 佐藤 唯行
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: 文庫


【帯紹介】
******************************

アメリカを動かすのは誰だ?
オバマ政権後も変わらぬ、
ユダヤ・パワーの真実とは。

******************************

単行本で出ていたそうですが、読んでませんでした。
大変重要な問題の書かれている本だと思います。

全米の人口の約2%程度に過ぎないユダヤ人が、どのようにしてアメリカの政府・議会に大きな影響を与えるようになったかを、政治資金やロビー活動、選挙などを中心に詳しく解き明かしています。

以前、同じようなテーマを扱った「尻尾が犬を振り回す」という本を読みました。
尻尾(ユダヤ)が犬(アメリカ)を振り回す―「湾岸戦争」1年後の真実

尻尾(ユダヤ)が犬(アメリカ)を振り回す―「湾岸戦争」1年後の真実

  • 作者: グレース ハルセル
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 1992/02
  • メディア: 単行本


この「尻尾が犬を振り回す」は、湾岸戦争後の1992年に出ているのですが、アメリカでは出版を断られ、日本だけで刊行されたという話です。

今回読んだ「アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか」は、日本人の著者の手になるものですが、何か圧力を受けたりしなかったのか、気になるところです。

▽購入した本
*「ドキュメント政権交代 自民党崩壊への400日」
武田一顯・著、河出書房新社


ドキュメント政権交代---自民党崩壊への400日

ドキュメント政権交代---自民党崩壊への400日

  • 作者: 武田 一顯
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/11/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。