So-net無料ブログ作成

「日本語という外国語」 [読書]

▼読み終わった本
*「日本語という外国語」
荒川洋平・著、講談社現代新書


日本語という外国語

日本語という外国語

  • 作者: 荒川 洋平
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/19
  • メディア: 新書

【帯紹介】
******************************
留学生に教えてわかった、意外なおもしろさ・難しさ

日本人のための
ニホンゴ再入門

******************************

目次は以下のような感じです。
第1章 日本語はどんな外国語か?
第2章 日本語の読み書きは難しい?
第3章 日本語の音はこう聞こえる
第4章 外国語として日本語文法を眺めてみると
第5章 日本語表現のゆたかさを考える
第6章 日本語教育の世界へ


「外国語として見ると、日本語はどのような言語か」という観点で書かれた本です。

「外国語としてみる」ということは、「子供のころに自然に話せるようになるのではなく、勉強して身につけるもの」「別の言語をすでに身につけていて、その知識を背景に勉強するもの」ということになると思います。

この本が指摘していることの中で、「なるほど」と思ったことの1つは、「日本語には正書法がない」という点。
例えば、「あとでこどもといっしょにいきます」という文を耳で聞いて、文字にすると「あとで子供といっしょに行きます」も「後で子どもと一緒に行きます」も可能で、いずれも正しい、ということになります。

また、文型の考え方については「名詞文」「形容詞文」「存在文」「動詞文」などに分けて教えること。
「品詞」についても、日本の学校文法とは違った分け方が使われていること。
「態」(受動態、能動態など)や「時制」(過去形、現在形)などの代わりに、「テンス」「ムード」「アスペクト」「ボイス」などの考え方が使われているとの話も、なかなか興味深いと思いました。

▽購入した本
*「ホントは知らない!?『カタカナ語』辞典」
藤田英時・著、宝島社新書


ホントは知らない!?「カタカナ語」辞典

ホントは知らない!?「カタカナ語」辞典

  • 作者: 藤田 英時
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/11/09
  • メディア: 新書


クリック↓お願いします
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

荒川洋平

Lionbassさま

著者です。
貴ブログでのご紹介、ありがとうございます。
「外国語」の定義、専門的にみても全くその通りで、深いご理解に基づいてお読みくださったこと、感謝申し上げます。

コントラバスはどちらのアマオケで弾いていらっしゃいますか。第9はじめ、各コンサート、成功されますように。

今般はご紹介ありがとうございました。
御礼申し上げます。
by 荒川洋平 (2009-12-25 12:10) 

Lionbass

荒川洋平さま
著者自らコメントいただくとは…。
大変光栄です。
仕事柄、外国語にも接してきましたし、日本語にも多いに興味を持っております。
これからも勉強して行こうと思ってますので、どうぞよろしくお願いします。
by Lionbass (2009-12-30 09:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。