So-net無料ブログ作成

「放送禁止映像大全」 [読書]

▼読み終わった本
*「放送禁止映像大全」
天野ミチヒロ・著、文春文庫


放送禁止映像大全

放送禁止映像大全

  • 作者: 天野 ミチヒロ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/05/08
  • メディア: 文庫


【帯紹介】
******************************

なぜこの映像は
放送禁止になったのか?

封印された”全264作品”から知る映像の暗黒史!
ウルトラセブン/ノストラダムスの大予言/恐怖奇形人間/獣人雪男/
ジャングル黒べえ/金田一少年の事件簿/加山雄三のブラック・ジャック/
裸の大将放浪記/ポケットモンスター/学校の怪談/子連れ狼/
キャンディ・キャンディ/特捜最前線/サイボーグ009/大都会 闘いの日々/
ウルトラマンコスモス/西部警察2003/ガキ帝国 悪たれ戦争/オバケのQ太郎/
黒部の太陽/吸血姫 美夕/ドテラマン/追悼のざわめき……etc.
******************************


テレビ(やその他のメディア)に「放送禁止用語」なるものがあることは、最近、誰でも知っていると思います。
完全に「禁止」されているわけではなくても、「よほどのことがなければ使えない」という言葉や表現はたくさんあります。
「言葉狩りだ」という批判はありながらも、その数は増えこそすれ、減ることはありません。

もちろん、言葉だけでなく、映像についても同様です。

この本は、テレビ好きで映像マニアといってよさそうな著者が、さまざまな理由で「放送禁止」となったテレビ番組・映像について詳しく紹介したものです。
「さまざまな理由」とは、差別用語とかスポンサーへの配慮、映像として放送に適さないなどですが、放送局で「光点滅」とか「パカパカ」と呼んでいる画面の明るさの急激な変化の問題も含まれています。

メディアに働く人間としては、いろいろと考えさせられました。

ご興味のある方は、この本を読んでみてください。

▽購入した本
*「駅は見ている」
宮脇俊三・著、角川文庫

駅は見ている

駅は見ている

  • 作者: 宮脇 俊三
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 文庫




クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 6

YAP

ウルトラセブンの第12話の欠番は、私くらいのウルトラマン世代には有名な話です。
昔の漫画とか見てると、今では考えられない表現とかもありますからねえ。
by YAP (2009-12-22 08:19) 

サットン

駅は見ている、文庫になっていましたか。
これは買わねば。
by サットン (2009-12-22 16:10) 

ぬれぴよこ

「放送禁止」と聞くとついいかがわしいものを想像してしまいますが、
そればかりではないですよね^_^;
放送禁止とはちょっとちがいますが、井上○水さんが「お元気ですか」という車のCMの台詞が消されたことを思い出しました。
ぽち☆☆☆
by ぬれぴよこ (2009-12-22 23:02) 

Lionbass

YAPさま
ありがとうございます。
「昔はよかった」とつい考えがちですが、単に無頓着だっただけかもしれません。
神経質になりすぎもよくないと思いますが…。
by Lionbass (2009-12-24 15:43) 

Lionbass

サットンさま
この文庫版、古書店で買いました。
2001年発売のようです。
by Lionbass (2009-12-24 15:46) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
生放送ですと事前に止められないので、よく分からない「お詫び」をしたりして、結構面倒なことになったりまします。
ぽち☆☆☆ありがとうございます。
by Lionbass (2009-12-24 15:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。