So-net無料ブログ作成

「テロワール」~韓国ドラマの話(34)~ [テレビ・映画]

「『キツネちゃん、何しているの?』~韓国ドラマの話(33)~」から続きます。
(韓国ドラマの話は久しぶりですが、この間、見ていなかったわけではありません…。)

BSフジで現在も再放送中のドラマ「テロワール」を見ました。
http://www.bsfuji.tv/terroir/

テロワール BOXI [DVD]

テロワール BOXI [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

テロワール BOXII [DVD]

テロワール BOXII [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



主演はキム・ジュヒョクとハン・ヘジン。
キム・ジュヒョクは「プラハの恋人」で、私の好きなチョン・ドヨンの相手役を務めてました。

「プラハの恋人」とスタッフが同じなのでしょうか。
BGMなど同じものが使われてました。

ハン・ヘジンは「がんばれクムスン」とか「朱蒙(チュモン)」などで人気だそうですが、この2つは見ていなかったので、この「テロワール」で初めて見ました。

さて、この「テロワール」は「韓国初のワインをテーマにしたドラマ」なのだそうです。

テロワール(terroir)とは、フランス語で「土、大地」を意味する"terre"から派生した言葉で、ワインを造るためのブドウを育む「土壌、環境」などを意味します。
ただ、韓国語では「テルア」と発音されるようで、ドラマのタイトルも韓国語では「テルア」となっていますが、日本では「テロワール」で定着しているので、それに合わせたのでしょう。

物語の冒頭は、「シャトー・ムートン・マイヤー」というワインが舞台回しの道具としてずっと出てきます。
何でも第二次大戦のころにつくられた高額の(ヴィンテージ)ワインという設定のようです。
「シャトー」と「ムートン」はフランス語でしょうが、「マイヤー」はドイツ語なのでしょうか?
フランス語なら「メイエ」とかなるのかも…。

まあ架空の名前ということですし、どうでもいいのですが…。

主人公のカン・テミン(キム・ジュヒョク)は建設会社の創業者(会長)の孫で、幼いときに両親を亡くしていて、建設会社を継ぐのを拒否してワインに関係する仕事をしている、という人物。

一方、イ・ウジュ(ハン・ヘジン)は韓国伝統酒の醸造元の孫娘で、酒に関しては超敏感な鼻の持ち主です。

ストーリーは、一言で言うと「反発し合う男女が次第に惹かれ合って」「でもいろんな障害が待ち構えていて」という感じでしょうか。

まあ、なかなか面白いドラマでした。


クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。