So-net無料ブログ作成

「セレンディピティの時代―偶然の幸運に出会う方法」 [読書]

▼読み終わった本
*「セレンディピティの時代―偶然の幸運に出会う方法」
茂木健一郎・著、講談社文庫


セレンディピティの時代―偶然の幸運に出会う方法

セレンディピティの時代―偶然の幸運に出会う方法

  • 作者: 茂木 健一郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/06/12
  • メディア: 文庫


【帯紹介】
******************************

「何が起こるか
わからない世界」こそが、
僕らの人生を輝かせる

******************************

ネット辞書(「大辞泉」)で調べると、「セレンディピティー【serendipity】」とは「求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの」と出ています。
「イギリスの作家ホレス=ウォルポール(1717~97)の造語。ウォルポール作の寓話 The Three Princes of Serendip(1754)の主人公にこのような発見の能力があったことによる。Serendipはセイロン(現スリランカ)の旧称」との説明も出ています。

今年前半に読んだ「ブラック・スワン」の中に「セレンディピティ」の話が出ていたのですが、ちょうどその頃、書店でこの茂木健一郎氏の本を見かけたので買ってみました。

表紙に「文庫オリジナル」と書いてあるのですが、元々は「月刊KING」に連載していたものに大幅加筆したとのこと。
若い世代向けの「人生の進路案内」みたいな内容でした。
もちろん、「なるほど」と思う部分もあって、手軽な読み物としては悪くはないと思いました。

▽購入した本
*「日本国の正体 政治家・官僚・メディア―本当の権力者は誰か」
長谷川幸洋・著、講談社

日本国の正体 政治家・官僚・メディア――本当の権力者は誰か

日本国の正体 政治家・官僚・メディア――本当の権力者は誰か

  • 作者: 長谷川 幸洋
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: 単行本




クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 4

ぬれぴよこ

「セレンディビティ」と言う言葉、初めて知りました!
ポチ☆
by ぬれぴよこ (2009-11-03 11:27) 

青沢東(QMY)

セレンディピティっていわゆるタナボタのことでしょうか??
by 青沢東(QMY) (2009-11-03 20:26) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
私も「ブラック・スワン」を読むまでは知らなかったような気がします。
ポチ☆ありがとうございます。
by Lionbass (2009-11-04 23:04) 

Lionbass

青沢東さま
ははは・・・。
よく分かりませんが、「たなぼた」というと、「待っているところに完成したものが向こうからやって来る」という感じですが、「セレンディピティ」は「自分から歩き回って、『きっかけ』となる事柄に遭遇する」ということなのではないかと解釈しました。
間違ってたらごめんなさい。m(_ _)m
by Lionbass (2009-11-04 23:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。