So-net無料ブログ作成

30年以上前の「悲愴」のスコア [音楽・楽器]

先日から何度も書いているTAMA21交響楽団の演奏会。

ラフマニノフ「交響的舞曲」については書きましたが、もう1曲はチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」。

演奏会で弾くのは初めてです。

でも、前に書いたように30年以上前、長崎の市民オケでやりかけたとき、スコアは買いました。

そのスコアを今でも持っています。

IMG_9892スコア2冊.JPG
(写真左はラフマニノフ「交響的舞曲」のスコア)

その三十数年前、スコアは結構丹念に読んだので、曲はかなり頭に入っていて、初めて演奏すると言っても、休みを数える必要はあまりなく、助かっています。

1楽章途中、クラリネットからファゴットに受け継がれる部分に「pppppp」(ピアノ×6)という強弱の指定があります。
現在ではファゴットの代わりにバスクラリネットで演奏することが多いのですが、今回、TAMA21もバスクラでやるようです。

ところで、我が家にある「悲愴」のCDはカラヤン指揮、ベルリン・フィルのものです。
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>

チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>

  • アーティスト: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,チャイコフスキー,カラヤン(ヘルベルト・フォン)
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1996/12/02
  • メディア: CD

(録音はいくつかあるらしくて、このCDと同じかどうかは確認できていません。)

中学生のころ、友人の家でカラヤン=BPOの「悲愴」を聴いて、1楽章最後のコラールの金管楽器の音色があまりにも柔らかくて美しいのに感動した覚えがあります。
(当時トロンボーンがテューバを吹いていたので、なおさら印象に残っています。)
今考えると、演奏だけではなく、録音などの技術の問題もあるのだと思いますが…。


にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 4

ぬれぴよこ

「バスクラ」っていう言葉、何十年かぶりに聞いた気がします^_^;
ぽち☆
by ぬれぴよこ (2009-10-08 21:11) 

広島ピアノ

チャイコフスキーの悲愴。
大好きです!
by 広島ピアノ (2009-10-09 15:59) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
確かに、ブラバンでは「バスクラ」ってよく使いますが、オケでは編成に入っていても、単独で指し示すことが少ないかもしれませんね。
by Lionbass (2009-10-11 21:47) 

Lionbass

広島ピアノさま
コメントありがとうございます。
ご存じかと思いますが、「クラシック好き」の間では、実はチャイコフスキーの評価は微妙なものがあります。
by Lionbass (2009-10-11 21:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。