So-net無料ブログ作成

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 [テレビ・映画]

渋谷・Bunkamuraで上映の映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」

IMG_9881文化村.JPGIMG_9879クララシューマンポスター.JPG
連休中に見に行ったのですが、午前中の回も、その次の回も満席でした。

映画はクララ・シューマンと夫のロベルト・シューマン、そして若き日のブラームスを中心としたストーリー。
【プログラム表紙】
IMG.クララシューマンプログラムjpg.jpg

有名な話ではありますが、3人の関係はなかなか不思議ですね。
IMGシューマン+ブラームス.jpg
(写真、上がクララ、下左がブラームス、下右がシューマン)

できれば、シューマンのピアノ協奏曲とブラームスの交響曲1番がプログラムに含まれている「ジャパン・クラシカ」の演奏会(19日)の前に見に行きたいと思っていたのですが、間に合いませんでした。
でも、曲を演奏してから見るのも、それはそれで意味があったかも…。

映画の冒頭では、シューマン夫妻が鉄道で旅している様子に続き、そのピアノ協奏曲が出てきます。
クララが独奏者(ソリスト)で、その演奏会をブラームスが聴いているという場面です。

ちなみに、ブラームスはまだ若いので、交響曲は出てきません。
(ご存じのようにブラームスが第1番を完成したのは40歳過ぎ。)
出てくるブラームスの作品はほとんどがピアノ曲。
最後にピアノ協奏曲が演奏されますが、独奏者はクララです。

このほか、シューマンの交響曲第3番「ライン」の作曲中のエピソードや、その初演を「夫婦2人」で指揮する場面が印象的です。
また、シューマンがライン川に身を投げる場面が出てきますが、シューマンが精神を病んで行く様子や、最後に「治療」を受ける場面はとても痛々しいものでした。


そういえば、この映画のメガホンはヘルマ・サンダース=ブラームスという女性監督
新聞記事などに「ブラームス家の末裔」などと紹介されていましたが、「ブラームスは生涯独身だったはず」と思ってプログラムをよく見ると、「ブラームスの叔父から連なる(ブラームス家の末裔)」と書いてありました。

最後に、ちょっと「突っ込み」を…。
映画では、デュッセルドルフにおいて、シューマンの作品(ピアノ協奏曲と「ライン」)をオーケストラが演奏する場面が出てくるわけですが、その楽器が現代のもののように見えたのは気のせいでしょうか?
トランペットは現代のロータリー式楽器でしたし、チェロは普通にエンドピン付き。
コントラバスは5弦の楽器を弾いてました。
(全員かどうかは確認できず。)
弦楽器の配置は対向配置ではなかったように思います。
どこまで「時代考証」的に正しいのか、詳しい知識はありませんが…。


なお、この映画、Bunkamuraではきょう(9月25日)で上映終了です。

クリック↓お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

ぬれぴよこ

クララ・シューマンの存在、初めて知りました^_^;
ポチ☆
by ぬれぴよこ (2009-09-25 23:13) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
「音楽家同士の女性の取り合い」とか、いろいろあるみたいですよ…。
同性愛者も多いらしいですけど…。^=^
by Lionbass (2009-10-02 22:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。