So-net無料ブログ作成

シューマンのピアノ協奏曲2種類聴き比べ [音楽・楽器]

この秋に5回予定している演奏会のうち、きょうはいよいよ最初の本番です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ジャパン・クラシカ第2回演奏会
ティアラこうとう大ホール
9/19(土)18:00開演
指揮:増田宏昭
ピアノ:ウー・アリナ
ニコライ:歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
シューマン:ピアノ協奏曲イ短調
ブラームス:交響曲第1番
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


「ウィンザーの陽気な女房たち」とシューマンのピアノ協奏曲は初めて本番で弾くのですが、練習する時間が不足しているので、iPodに入れて、ここ数週間、1日2〜3回は聴いてます。
IMG_9796iPod.JPG

通勤の電車の中でスコアを見ながら聴いたりもします。
imgシューマン.jpg


最初「うちにCDはないのでは?」と思ったのですが、探したら2枚もありました。

アシュケナージ/ロンドン響の方は、同じシューマンの作品で、ホルン4本が「独奏」を務める「コンチェルト・シュトゥック」を聴くために購入したものです。
指揮はウリ・セガール。
録音時期は不明ですが、CDの製作が1978年となっているので、それより前であることは確かです。
IMGアシュケナージ.jpg
(Amazonでは見つかりませんでした。)

一方、アラウ/ボストン響の方は、グリーグの協奏曲を聴くために買ったと思われます。
1980年の録音で、指揮はサー・コリン・デービス。
IMGアラウ.jpg
グリーグ:ピアノ協奏曲

グリーグ:ピアノ協奏曲

  • アーティスト: アラウ(クラウディオ),グリーグ,シューマン,デイヴィス(サー・コリン),ボストン交響楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/06/22
  • メディア: CD

(ジャケットの写真が違いますが、たぶん同じ中身ではないかと思います。)

2種類の演奏を比べると、違いが分かって面白いと思います。

ひとことで言うと、アシュケナージの方が「華麗」な感じ。
1楽章や3楽章の冒頭で奏でる和音が、とてもきらびやかに聞こえます。

アラウの方はやや地味な感じで、リズムもちょっとぎこちない感じを受けます。
もちろん、比較の問題なので、どちらの演奏もすばらしくて、とても参考になるのですが…。


一方、ニコライの方は「どこかに入っているだろう」と探してみたところ、ウィーン・フィル「歌劇名序曲集」というCDに入ってました。
IMGニコライ.jpg
歌劇名序曲集

歌劇名序曲集

  • アーティスト: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,スッペ,ニコライ,レズニチェック,J.シュトラウス,ショルティ(サー・ゲオルグ),ボスコフスキー(ウィリー)
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/11/01
  • メディア: CD


CDジャケットにはショルティしか出てませんが、ニコライはボスコフスキー指揮だそうです。
録音時期は、アルバム全体で1958-1971年としか書いてなくて、この曲がいつの演奏は不明です。


演奏会のメイン、ブラームスの交響曲第1番は、先日も書いたように7回目か8回目なので、あえてCDは聴いてません。
ちなみに、うちにあるCDはバーンスタイン/ウィーン・フィルの有名なライブ録音です。

ブラームス:交響曲第1番

ブラームス:交響曲第1番

  • アーティスト: バーンスタイン(レナード),ブラームス,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/11/16
  • メディア: CD

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。