So-net無料ブログ作成

メロスフィルハーモニー第14回演奏会 [音楽・楽器]

7月に土日が休めるようになって、たくさんアマチュアオーケストラの演奏会を聴いてきました。

(1)「千代田フィル サマーコンサート」
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05
(2)「かもめ管弦楽団 30周年記念演奏会」
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2009-07-06
(3)「ジャパン・グスタフ・マーラー・オーケストラ(JMO)第7回定期演奏会」
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2009-07-14
(4)ザ・シンフォニカ 第46回定期演奏会
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2009-07-20
(5)グローバル・フィルのブルックナーを聴く
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2009-08-10



そして、この夏6回目のアマオケの演奏会をきのう日曜日に聴きました。


メロスフィルハーモニー第14回演奏会
2009年8月30(日)14:00開演
会場:第一生命ホール(東京・晴海)
指揮:中田延亮
独奏:村田千佳
曲目:ベートーベン 「レオノーレ」序曲第3番
    同      ピアノ協奏曲第3番ハ短調
   メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」
   シューベルト 交響曲第7(8)番「未完成」


IMGメロスフィル.jpg

このオケについて、ウェブサイトおよびプログラムの紹介文を転載します。

1995年結成。
当初はモーツァルトを演奏するための一回限りのオーケストラとして首都圏のオーケストラの首席奏者や音楽大生を中心として結成されたが、その後ほぼ一年に一度のペースで演奏会を行い、その鮮烈な響きと充実した音楽が好評を博してきた。
レパートリーはウィーン古典派を中心とした管弦楽作品や協奏曲。

「メロス」とはギリシャ語で「メロディ」の意。
モーツァルトが当時の歌手兼作曲家に対して行っていたレッスン中に「いいかい君、そこら辺のちょっとした対位法屋なんて、まあ馬車屋のようなものさ。君は自分の才能を有効に使いたまえ。音楽で一番大切なものはメロディなんだよ」と語ったとされることに由来する。



知り合いも何人か出演してました。
紹介文に「首都圏のオーケストラの首席奏者や音楽大生を中心として結成された」とあるように、レベルの高いオケであることは耳にしていました。


そして、指揮の中田氏は、筑波大学を卒業しながら音楽家になり、コントラバス奏者・指揮者として活躍している人物です。


演奏を聴いた印象は、「非常に緻密で、生真面目(きまじめ)」という感じ。
アマオケにありがちな「この人はちゃんと弾いてないな」という奏者は、もちろんいません。


弦楽器の人数は11-12-8-6-4
コントラバスは舞台後方に横1列に並んでました。
トランペット、トロンボーンは舞台上手の平土間に配置され、非常にバランスよく聞こえてました。

ただ、曲の性質にもよるのでしょうが、「生真面目」すぎてちょっと肩がこる感じが、なきにしもあらず。
でも、この夏聴いたアマオケの中では、ザ・シンフォニカと並んで、頭抜けた演奏だと思いました。
大編成のシンフォニカとは、「ジャンルが違う」と思いますし…。

また、ソリストの村田さんもとてもすばらしい演奏でした。
ベートーベンの3番のピアノ協奏曲は、中学生のころ、成り行きで加入した市民オケで演奏した(といってもほとんで弾けなかった)思い出の曲。
また(今度はちゃんと)弾いてみたくなりました。

そういえば、3曲目のメンデルスゾーンが終わった際、指揮者が客席にあいさつをせずに袖に引っ込みましたが、何か問題があったのでしょうか?
(客席から見る・聴く限りは、特に大きな問題があったようには思えませんでしたが…。)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。