So-net無料ブログ作成

グローバル・フィルのブルックナーを聴く [音楽・楽器]

(イギリス旅行に関連するお話は1回お休みです。)

先日「アマオケの演奏会チラシ」でも紹介したグローバル・フィルハーモニック・オーケストラ第43回定期演奏会を聴いてきました。

IMGグローバルプログラム.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
すみだトリフォニーホール 大ホール
指揮:森口真司
曲目:ワーグナー  舞台神聖祝祭劇「パルジファル」より
          第一幕への前奏曲
          場面転換の音楽
          聖金曜日の奇蹟
   ブルックナー 交響曲第7番ホ長調(ノヴァーク版)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


長かった!
1曲目のワーグナーは聞いたことがなかったので、よけいに長く感じたかもしれません。

ブルックナーは、長さの割にはよく緊張感を保っていたとは思いますが…。

もちろん、アマチュアオケとしては、非常に高いレベルの演奏でした。


弦楽器の人数は、上から15-14-12-9-8だったように見えました。
さすがにチェロがちょっと少なかったのではないでしょうか。
一方、コントラバスはよく鳴っていましたし、音程など気になるところはありませんでした。

管楽器は、残念な部分がちょっと多かったように思います。

まあ、このプログラムは、あんまり真夏にはやらない方がいいような気がしました。


ところで、2階席の3列目に座っていたのですが、回りがうるさくて…。

後ろの列に、数人の子供(小学生?)と母親たちらしき集団が座っていたのですが、子供たちは、ワーグナーが始まった直後、ずっとひそひそ声で話しています。
まあ、いきなり舞台が暗転して指揮者が登場したりして、驚いたのは分かりますが…。
それに後ろの女の子が椅子を蹴るので、ブルックナーが始まる前にやさしく睨みつけておきました。
(でも、クラシック音楽を嫌いにならないでね。)

右後方には、ポリ袋をシャカシャカ言わせてるのがいるし…。

さらに、ブルックナーは1楽章の終わりで盛大な拍手。
2楽章終わりでも…。
最後、全曲終わったところでは、指揮者の棒が降りないのに拍手が始まりました。

まあ、ふだんクラシックを聴かない人たちにもホールに足を運んでもらうのが、アマチュアオケの重要な役割ではありますが…。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。