So-net無料ブログ作成

「早わかりサブプライム不況」 [読書]

▼読み終わった本
*「早わかりサブプライム不況 『100年に一度』の金融危機の構造と実相」
中空麻奈・著、朝日新書


早わかりサブプライム不況 「100年に一度」の金融危機の構造と実相 (朝日新書)

早わかりサブプライム不況 「100年に一度」の金融危機の構造と実相 (朝日新書)

  • 作者: 中空 麻奈
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/01/13
  • メディア: 新書


【帯紹介】
********************

世界同時不況へ——
日本を襲う
津波の正体
********************

【カバー袖の紹介文】
******************************

なぜリーマン・ブラザーズは破綻したのか。
そもそもサブプライム問題とは何か。

米国が震源地で「100年に一度」といわれる金融危機は、
株大暴落を経て世界同時不況に発展しようとしている。
危機が増殖していた時も、市場がパニックに陥った時も、
常に日本マネーが狙われたのはなぜか。
気鋭の証券アナリストが未曾有の危機の全貌を
わかりやすく解説した決定版!
******************************


さらに、裏表紙側の帯に目次が載っているので紹介します。
第1章 世界一簡単に「サブプライム問題」を解説する
第2章 「金詰まり」のマグマが蓄積された
第3章 なぜリーマン・ブラザーズは破綻したのか
第4章 世界同時不況で起こること
第5章 世界は米国のために動いている?
第6章 日本はどこへ行く


サブプライム問題については、新聞や雑誌などでいろいろ報じられているわけですが、この本は「世界一簡単」を謳っているだけあって、非常に平易に分かりやすく説明されていて、大変勉強になりました。

問題のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)や、それにまつわる保険大手AIGの問題などもきちんと取り上げられています。


また、「ほかの金融機関が救済される中、リーマン・ブラザーズだけなぜ破綻に至ったのか?」という疑問に対する答えも、明確に説明されています。

もっと早く読むべきだったと思いました。

▽購入した本
*「日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく」
菊地浩之・著、平凡社新書


日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく

日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく

  • 作者: 菊地 浩之
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2009/02/13
  • メディア: 新書

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。