So-net無料ブログ作成

「日本人に一番合った英語学習法」 [読書]

▼読み終わった本
*「日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか」
斎藤兆史・著、祥伝社黄金文庫


日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか

日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか

  • 作者: 斎藤 兆史
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫

【帯紹介】
******************************

齋藤孝氏推薦!
なぜ、あなたの英語は
上達しないのか?

現代の英語教育が忘れてしまった「基礎訓練」
その重要性を英語の達人たちに学ぶ
******************************


幕末や明治時代の人々の英語の学び方を検証しながら、日本人にとってどのような学習法が望ましいのかを説いています。

取り上げられているのは伊藤博文、森有礼、津田梅子、南方熊楠ら。
そのうえで、まずは日本語が大事であり、「素読」や「文法」がいかに大事かを説明し、現在の「会話中心」の風潮に警鐘を鳴らしています。

私も、受験英語の知識が今でも役立っていると思っているので、おおいに共感できる内容でした。

会社に「帰国子女」のいろんな”見本”がいますが、最初は「流暢な英語を話すな」と思っても、実は英語も日本語も高校生レベルだったりするので、「まず日本語が大事」というのは忘れてはならないポイントだと思います。

▽購入した本
*「ザ・カタカナ語ディクショナリー」
ササキ マサタカ・著、小学館


ザ・カタカナ語ディクショナリー

ザ・カタカナ語ディクショナリー

  • 作者: ササキ マサタカ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: 単行本



▽購入した本
*「猿はマンキ お金はマニ」
ピーター・バラカン著、NHK出版


猿はマンキお金はマニ―日本人のための英語発音ルール

猿はマンキお金はマニ―日本人のための英語発音ルール

  • 作者: ピーター バラカン
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。