So-net無料ブログ作成

「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない 」 [読書]

▼読み終わった本
*「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない 」
町山智浩・著、文藝春秋(Bunshun Paperbacks)


アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

  • 作者: 町山 智浩
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/10/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【帯(裏表紙側)紹介】
******************************
アメリカ人の時事問題への無知の原因には、右派メディアの暴走や、教育の崩壊などいろいろな理由があるが、とにかく、ニュースを知らない人たち、外国に興味のない人たちによって大統領が決定され、その大統領が無茶な戦争を起こし、デタラメな政策で経済メルトダウンを起こして日本や世界を巻き込もうとしている。この不条理にはもはや笑うしかない。
(序章より)
******************************

【表紙の紹介文】
******************************
暴走する宗教、でたらめな戦争。
広がる経済格差。腐った政治に
ウソだらけのメディア……。
こんなアメリカを誰が救えるのか?
******************************


(ついでに…)
【裏表紙の紹介文】
******************************

「アメリカが外国に戦争をしかけるのは
地理の勉強をするためだ」
というジョークがある。

パスポートを持っているアメリカ人は国民の
2割に過ぎない。他の8割は外国に関心がない。
彼らが外国の土を踏むのは、銃を持って
攻め込む時だけだ。
******************************


筆者はアメリカ在住の映画評論家。
TBSラジオの平日午後の番組「ストリーム」に週1回(火曜日)レギュラー出演しています。
映画を切り口に、アメリカのさまざまな話題を紹介する内容で、よく聴いています。

この本は、雑誌に連載したコラムなどをまとめて加筆、再構成したものだとのこと。
軽いタッチながら、アメリカの抱えるさまざまな問題点を鋭く指摘しています。

以前読んだ「ルポ 貧困大国アメリカ」などとも共通の話が数多く紹介されています。

▽購入した本
*「『国連』という錯覚 」
内海善雄・著、日本経済新聞出版社


「国連」という錯覚―日本人の知らない国際力学

「国連」という錯覚―日本人の知らない国際力学

  • 作者: 内海 善雄
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 4

whitesox

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨日、北京に戻ってこれから出勤です。気が軽いのは3週間で春節だからです。
by whitesox (2009-01-05 09:28) 

ぬれぴよこ

この本の題名は聞いた事があるような気がします。
日本ほど海外のニュースを流している国は他にはあまりないと
聞いた事がありますが・・・

あれだけ国土が広いと、外国にまで目が向かないのでしょうか・・・^_^;
by ぬれぴよこ (2009-01-06 23:12) 

Lionbass

whitesoxさま
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。
貴ブログ、毎日楽しみに拝見しております。
by Lionbass (2009-01-09 10:50) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
日本のメディアも「外国のことを伝えなさ過ぎ」という批判を受けています。
世界中が「内向き」になるのはいいこととは思えないのですが…。
by Lionbass (2009-01-09 10:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。