So-net無料ブログ作成

元日の演奏会三昧 [音楽・楽器]

きのうは「大晦日の演奏会三昧」でしたが、きょうは元日の話です。

1)ロジャー・ノリントン指揮、シュツットガルト放送交響楽団
指揮:ロジャー・ノリントン
バイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン
メンデルスゾーン:バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ベートーヴェン:交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」


去年1月にサントリーホールで行われた「東芝グランド・コンサート」が、元日朝、BSフジで放送されていました。
指揮は古楽的アプローチで知られるサー・ロジャー・ノリントン。
バイオリンソロはジャニーヌ・ヤンセン。

メンコン(メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲)は、割と「普通」の演奏。

一方、「英雄」はノリントンの面目躍如というべきでしょうか。
普段聞き慣れた演奏とはひと味もふた味も違っていました。
弦楽器がビブラートをかけないのはもちろん、トランペットがピストン(バルブ)のないナチュラルトランペットを使用。
配置はいわゆる「対向配置」で、コントラバスは舞台奥に横1列に並んでました。

1楽章では、思わぬ場所で急に音量を落としてクレッシェンドしたり、2楽章ではコントラバスの前打音をより強調したりと、「退屈しない」演奏でした。


2)ウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート」
指揮:ダニエル・バレンボイム
(以下、別記ない曲はヨハン・シュトラウスII世作曲)
「喜歌劇“ベネチアの一夜”序曲(ベルリン版)」
「ワルツ“東洋のおとぎ話”作品444」
「アンネン・ポルカ 作品117」
「速達ポルカ 作品159」
「ワルツ“南国のばら”作品388」
「ポルカ“百発百中”作品326」
「喜歌劇“ジプシー男爵”序曲」
「喜歌劇“ジプシー男爵”入場行進曲」
「宝のワルツ 作品418」
「スペイン風ワルツ」ヘルメスベルガー作曲
「ザンパのギャロップ」ヨハン・シュトラウス父・作曲
「アレクサンドリーネ・ポルカ 作品198」
「ポルカ“雷鳴と電光”作品324」
「ワルツ“天体の音楽”作品235」ヨーゼフ・シュトラウス作曲
「ポルカ“ハンガリー万歳”作品332」
「交響曲第45番“告別”から 第4楽章」ハイドン作曲
「ワルツ”美しく青きドナウ”作品314」
「ラデツキー行進曲」ヨハン・シュトラウス父・作曲


恒例、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。
指揮は初登場のダニエル・バレンボイムです。
IMG_6978VPO.JPGIMG_6981VPO.JPG
IMG_6980VPO.JPGIMG_6979VPO.JPG


バレンボイムはすべて暗譜で指揮。
オケとの関係も良好なように見えました。

今年は没後200年の「ハイドン・イヤー」ということで、「告別」の第4楽章が演奏されていました。
奏者がどんどん立ち去って行くというもので、交響曲第94番「驚愕」(びっくりシンフォニー)などと同様、ハイドンの”遊び心”がよく出ている作品として知られています。
バレンボイムも茶目っ気たっぷりに振っていました。

毎年気になる楽器のこと。
チェロの首席かその隣りの奏者の楽器は、ライオン(?)が付いてました。
トロンボーンは(たぶん)3人とも「アメリカ式」(?)の楽器でした。
ホルンは、いわゆる「ウィンナー・ホルン」ですが、難しいハイトーンを要求されるためか、ハイドンでは1人普通のロータリーホルンを使っているようでした。

コントラバスは6人。
私が楽器をお貸ししたことのあるギュルトラー氏も真中で弾いてました。

また、ウィーン・フィルのバイオリン奏者で、ブログ「K&K+k&aの生活」でマニアには有名なWilfried Kazuki Hedenborg氏は、よくアップで映っていました。



元日はこのほか、未明に録画したベルリン・フィルのシルベスターを聴いたり、初詣にいったりしてました。
ちなみに、初詣は府中の大国魂神社へ。
IMG_6973大国魂神社.JPG

お参りするのは1時間くらい並びましたが、帰るころにはその列が「3時間待ち」に伸びてました。
おみくじにも行列ができていたので、引くのをあきらめました。
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 5

manamana

ニューイヤーコンサートはビデオに撮ったので、
今流していますが、所用をこなしながらなので、
時間があるときにじっくりまた鑑賞したいと思います。
by manamana (2009-01-03 11:41) 

mikosuke

やはり新年は、ワルツですね~ 元気が出ます(^o^)丿
最後はお決まりの、ラデツキー・・・
毎年のことながら、楽しみにしています。
by mikosuke (2009-01-03 20:30) 

Lionbass

manamanaさま
ウィンナーワルツは、19世紀の流行歌であり、ダンスミュージックだったかもしれませんから、いろんな聞き方があっていいのかもしれません。
by Lionbass (2009-01-04 22:29) 

Lionbass

mikosukeさま
コメントありがとうございます。
「年末は第九」「お正月はウィンナーワルツ」というのは、日本人が「刷り込まれて」しまったようですね。<苦笑>
by Lionbass (2009-01-04 22:30) 

SKinsui

Lionbassさま、
あけましておめでとうございます。

ニューイヤーコンサートは細切れに見ていましたが、4日の再放送でやっと全部見られました。バレンボイムが中東情勢に関心を持って、音楽を通じた融和活動を行ってきたことを知り、この時期に紛争が激化していることに歴史の皮肉を感じました。

ロジャー・ノリントンの「英雄」は面白かったですね!
by SKinsui (2009-01-05 08:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。