So-net無料ブログ作成

上智大学OB管弦楽団第2回演奏会 [音楽・楽器]

去年第1回を聴いた「上智大学OB管弦楽団演奏会」
夕べ、第2回を聴いてきました。
場所は、東京・錦糸町のすみだトリフォニー

IMG上智0811.jpg

指揮:汐澤安彦
曲目:ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
   ベートーベン 交響曲第7番
   サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」

img上智0811-2.jpg


例によって、仕事の都合で後半のサン=サーンスしか聴けませんでした。

一言で言うと、みんなの「熱意」が伝わってくる演奏でした。

でも、ちょっと「熱意(やる気)あり過ぎ」という感じ。
OBオケで、30〜40代の人が中心で、50代の人も結構いたようですが、みんな「年甲斐もなく」というか、「張り切り過ぎ」だと思いました。

特に弦楽器がみんな「前のめり」で、速い部分で「走る」傾向が顕著でしたし、弱い(弱奏の)部分では、一生懸命弱くは弾いているのでしょうが、なんとなくザワザワした印象でした。

弦楽器の人数ですが、1stバイオリンが9プルト(18人)で、2ndは10プルト(20人)も…。
さすがに多すぎでしょう。
(まあ、「出たい人が出る」OBオケなので、仕方ないとは思いますが…。)

1階席の前から5列目で聴いたせいもあるのかもしれませんが、ホルンなど人数を増やしていなかったので、弦楽器と管楽器のバランスがかなり悪いと思いました。


ちなみに、今度の虎の門交響楽団の演奏会(11/21)は、出るかどうか微妙ですが、同じホールで同じ曲(サン=サーンス)です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。