So-net無料ブログ作成

「日本語の歴史1 民族のことばの誕生」 [読書]

▼読み終わった本
*「日本語の歴史1 民族のことばの誕生」
亀井孝、大藤時彦、山田俊雄・編集委員、平凡社


日本語の歴史1 民族のことばの誕生 (平凡社ライブラリー)

日本語の歴史1 民族のことばの誕生 (平凡社ライブラリー)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2006/11/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【カバー紹介文】
******************************

日本語は日本民族のことばにほかならない。
日本語の起源は民族の期限と一つである。
日本列島がいつ日本語列島になったか—
それはまた民族と言語との、
来源にかかわる興味深い問題である。

******************************

(知らずに買ったのですが)1960年代に出版された本(シリーズ)を復刊したものだそうです。
この第1巻のオリジナルは、63年の本です。

上記のカバーの紹介文にもありますが、「日本語の起源」について考えるには、「日本民族の起源」を考えざるを得ない、ということで、日本に住む人々の来歴について、詳しく考察しています。
もちろん、中国や朝鮮半島、南方やシベリアなどとのつながりについて、初めて知るような話がたくさん書かれていて、非常に勉強になる本でした。

▽購入した本
*「日本の外来語」
矢崎源九郎・著、岩波新書


日本の外来語 (1964年)

日本の外来語 (1964年)

  • 作者: 矢崎 源九郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1964
  • メディア: -


▽購入した本
*「外来語の話」
新村出・著、講談社文芸文庫


外来語の話

外来語の話

  • 作者: 新村 出
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。