So-net無料ブログ作成

「プラハの恋人」~韓国ドラマの話(29)~ [テレビ・映画]

「『ホテリアー』~韓国ドラマの話(28)~」から続きます。

地上波テレビやBSデジタル放送で一部だけ見た「プラハの恋人」
DVDを手に入れて、ようやく全部見ました。

プラハの恋人 DVD BOX I

プラハの恋人 DVD BOX I

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: DVD

プラハの恋人 DVD BOX II

プラハの恋人 DVD BOX II

  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • メディア: DVD

主演はチョン・ドヨン。

2年以上前に書いた「北京で『韓流』の洗礼を受ける~韓国ドラマの話(2)~」の中で「愛はブルー」というドラマでを紹介しました。
このドラマでチョン・ドヨンは、水泳部所属の女子大生役だったと思いますが、それ以来のファンです。

また、「星に願いを」では、チェ・ジンシルと共演していました。
さらに映画「スキャンダル」ではヨンさまことペ・ヨンジュンと共演し、ベッドシーンも演じてました。


今回、「プラハの恋人」で久しぶりに見ましたが、なかなか素敵でした。

チョン・ドヨンは、大統領の娘(!)にしてエリート外交官(外交通商部の儀典課所属)という役どころ。
ストーリーは、題名どおりチェコの首都プラハで始まり、折に触れてプラハでの体験が絡んできます。

最後はまあハッピーエンドになるのですが、ドロドロのなかなか暗い場面が多いドラマでした。

「春のワルツ」「秋の童話」「冬のソナタ」など、ユン・ソクホ監督の「四季シリーズ」でいつも父親役を演じているチョン・ドンファンが、チョン・ドヨンの元恋人の父親で、財閥の総帥という「悪役」で登場しますが、あまり悪役に見えませんでした。

最初の方の回で、チョン・ドヨンがプラハで日本人女性と意地を張り合う場面があり、日本語をしゃべるのですが、なかなか下手でした。
かわいいとは思いますが…。

そういえば、「オールイン」ではソン・ヘギョがやはり下手な日本語を披露しますが、果たしてどちらがかわいいでしょうか…。


ところで、上に触れたチェ・ジンシルは、元ジャイアンツの趙成珉と結婚したものの、その後離婚し、最近、芸能活動を再開。
その復帰作「バラ色の人生」がKNTVで放送されていたのを少しだけ見ましたが、その「アジュマ」(おばさん)ぶりは、なかなか見ものでした。

バラ色の人生 DVD-BOX1

バラ色の人生 DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD

バラ色の人生 DVD-BOX2

バラ色の人生 DVD-BOX2

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 2

青沢東(QMY)

韓国ドラマってあんまり見たことがないんですが、純愛モノが多いというイメージが先行してました。ベッドジーンもちゃんとあるんだあと、なぜかそんなところに感心してしまいました。
by 青沢東(QMY) (2008-08-30 01:19) 

Lionbass

青沢東さま
先日、夏休みで旅行に行って、食事の時、韓国人と会話する場面があったのですが、あちらは英語があまり得意でなく、へたな英語と韓国語チャンポンで何とか意思疎通してました。
一番盛り上がったのは、韓国ドラマと俳優の話題でした。
ちなみに、韓国の映画はベッドシーンがありますが、ドラマにはほとんどありません。
by Lionbass (2008-09-10 15:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。