So-net無料ブログ作成

北京オリンピックで思ったこと [メディア・ニュース・国際情勢]

「鳥の巣」という話を書いてから早くも半月。

北京オリンピックが閉幕しました。

今回のオリンピックで、多くの人が思ったのは、「中国がいかに外面(そとづら)をよく見せようとするか」ということではないでしょうか。

前回書いたように、「よそ者には悪い所は見せないようにする」というのは、ある意味「客に対する礼儀」という面があると思います。
日本人も、こうした中国の考え方の影響をある程度受けているとは思います。

しかし、これが行き過ぎると、中国や北朝鮮のように、「首都は外国人に見せる『表の顔』」と考え、北京や平壌(ピョンヤン)のように巨大建造物を建てる、ということになるのだろうと思います。
また、中国では十年ほど前まで、「外国人が訪れていい地域と、外国人の訪問が認められない地域」というのがありましたが、これも同じ考えではないでしょうか。

そういえば、日本でも、何十年か前までは、「外国人は東京や横浜、神戸にいるもの」であり、観光地ではない地方都市で外国人(特に白人)を見かけると「どうしてこんな田舎に…」と考えたものでした。

(写真がないので、前回と同じおととし11月撮影の建設中の「鳥の巣」を載せておきます。)
IMG_0893鳥の巣.JPG
IMG_0895鳥の巣.JPG

さて、以前「陸上競技大会に出場=私のスポーツ歴(2)」という話を書きましたが、オリンピックの男子400mリレー銅メダルの場面を見て、自分の体験を少し思い出しました。

また、シンクロナイズド・スイミングのチームで、演技終了後に気を失った選手がいたというのを聞いて、神戸で記者をやっていたとき、シンクロの取材をしたことを思い出しました。

シンクロの選手は、浮力を得るために皮下脂肪を付けなければならないそうで、そのために、牛乳を1日に2-3リットル飲むのだとか。
そうして、がっちりした体格で、体力もある選手たちが、演技が終わるとプールサイドで”息も絶え絶え”になっていたのが今でも印象に残っています。
ちなみに、取材したのがどんな大会だったか忘れましたが、当時のトップ選手である元好三和子選手が出ていたと思います。


それにしても、今回のオリンピックでいろいろ言いたくなるのは、野球日本代表の負けっぷり。

「けが人が多い」とか、いろんなメディアでいろんな敗因が語られていますが、「なるほど」と思った点いくつか…。
・星野監督は「情」や「思い」が強い指揮官であり、チームをまとめ上げて行く力はともかくとして、短期決戦には向いていない。
・捕手(キャッチャー)3人は多すぎ。2人にして投手を増やすべきだった。
・左の強打者がいなかった。ずっと出場した選手で左打者は稲葉と青木だけ。松中、金本、小笠原クラスの選手が必要だった。さらにいえば、松井秀喜、福留などが大リーグに流出したのは痛い。
・本職の外野手が3人しかいなかった。4人目は本来内野手の森野で、同じく荒木にもレフトを守らせたりしていた。G.G.佐藤を代えようにも代わりがいなかった。



それにしても、始まる前は「今回のオリンピックは雰囲気が盛り上がりませんね。中国がチベット問題や大気汚染、食の安全など問題を抱えているからではないでしょうか」などと言っていた人が、「やはりオリンピックを見ると愛国心が湧きますね」などと変節している場合が多いようです。
恐らく、大会後の「盛り上がった」記憶が残っていて、始まる前の雰囲気と比較してしまっているのではないでしょうか。
そりゃ、盛り上がっていないように見えるのは当たり前でしょう。(笑)

<以下追記>
それにしても、毎回思うのは、「日本が絡まない試合・競技も見たい」ということ。
私はNBAフリークなので、バスケットボールの試合、特にアメリカチームが出場するものは、全部見たいと思っています。
今回、さすがに準決勝と決勝は見ることが出来ましたが、予選リーグの試合もできれば見たかったところ。
そういえば、1992年バルセロナ・オリンピックの「初代ドリームチーム」は、試合を一度も見たことがありません。

ほかにも、サッカーなどは全試合見たい人が多いのではないでしょうか。
(これも準決勝、決勝は放送してましたが…。)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。