So-net無料ブログ作成

「地球最後のオイルショック 」 [読書]

▼読み終わった本
*「地球最後のオイルショック 」
デイヴィッド・ストローン著、新潮選書

地球最後のオイルショック

地球最後のオイルショック

  • 作者: デイヴィッド・ストローン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本


【帯紹介】
******************************

温暖化よりも
はるかに怖い真実

ピーク・アウトまで、
10年をきっている

******************************


これは、先日読んだ「人類の消えた世界」よりもさらに衝撃的な内容の本でした。

内容の一部を紹介すると…(私の理解が正しければ)
▼世界の石油(原油)生産は、まもなくピークを過ぎて減少に転じる(または既に転じている)
▼新たに発見される油田の埋蔵量は、生産・消費量を下回っている
▼既存の油田は”劣化”しており、原油生産が困難でコストのかかるものになっている
▼産油国は増産したくてもその能力がない
▼燃料電池などの「代替エネルギー」は石油の代わりにはならない

 …などなど。

石油なしでは成り立たない現代社会にとって、石油がなくなることは、「温暖化」よりも極めて深刻で影響が大きいと思われます。
なくなると困るのは、燃料(動力源)としての石油はもちろんなのですが、まだ天然ガスや石炭、原子力などで少しは代替可能。
しかし、プラスチックの原料として石油が使えなくなれば、身の回りの品々を根本から見直す必要がありそうです。

皮肉なことに、石油が使えなくなれば、「地球温暖化」の進行は止まるかもしれませんが…。

▽購入した本
*「叛逆指令」(上)(下)
トム・クランシー著、新潮文庫


叛逆指令 上巻

叛逆指令 上巻

  • 作者: トム・クランシー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/07/29
  • メディア: 文庫



叛逆指令 下巻

叛逆指令 下巻

  • 作者: トム・クランシー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/07/29
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。