So-net無料ブログ作成

「メディア進化社会」 [読書]

▼読み終わった本
*「メディア進化社会」
小寺信良・著、洋泉社ペーパーバックス


メディア進化社会 (Yosensha Paperbacks 28)

メディア進化社会 (Yosensha Paperbacks 28)

  • 作者: 小寺 信良
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


帯はないのですが、表紙に紹介文らしきものが載っています。
******************************
いまや音楽や映像はダウンロードで購入することが当たり前になり、
ウェブが新聞やテレビなどの伝統的メディアを脅かしつつある。
人々はTVCMをスキップする一方で、身の丈を越えるデジタル技術を持て余す。
「映像配信における缶ジュースビジネス」から「コンテンツ保護の日米差」まで
現場に携わり続けた豊富な経験から語る!

メディア進化の先端で何が起きているのか、この1冊でわかる!
******************************

また、以下のような章立てになっています。
第1章 メディアつくって魂入れず【メディア論】
第2章 腐ってもテレビ?【テレビ論】
第3章 ネットの泣き所【ネット論】
第4章 オタクの魂百まで【人間行動論】
第5章 著作権、世にはばかる【著作権論】


著者は、元々テレビの世界で編集者(ビデオ編集)の仕事をしていて、その後映像、音楽や寝と、ITなどに関して文筆活動をしているとのこと。
特に面白いと思ったのは、第4章の「人間行動論」の中にある「情報過多による『Level1飛空艇』症候群」という文章。
「飛空艇」というのは、ロールプレイングゲームの例えで、ゲームが進んでプレーヤーのレベルが上がって初めて手に入れる(乗る)ことができる空を飛べる乗り物のこと。
「新入社員など、まだレベルの低くて空を飛ぶ段階でない人間が、いきなり飛空艇に乗ってもダメ」という話のようです。

私の職場にも先日新入社員が配属され、研修で”講義”をしたところなので、なるほどと思いました。

▽購入した本
*「震度0」
横山秀夫・著、朝日文庫


震度0

震度0

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/04/04
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

いちご☆

震度0 ですか。。。。 怖いですね 地震
by いちご☆ (2008-05-17 07:11) 

Lionbass

いちごさま
「震度0」は、警察内部の腐敗・問題を、阪神大震災にからめながら描いたもので、以前から気になっていました。
読みたい本が溜まっているのですが、早めに読みたいと思っています。
by Lionbass (2008-05-18 15:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。