So-net無料ブログ作成

「ラフマニノフ ある愛の調べ」 [テレビ・映画]

映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」を見に行きました。

【チケット半券】
IMGラフマニノフ.jpg


場所は銀座テアトルシネマ。 IMG_4534銀座テアトルシネマ.jpg
IMG_4532ラフマニノフ.jpg

定員制・全席指定の入れ替え制で、開演30分前に行ったのですが、「席がほとんど残ってません」と言われ、取れたのは最前列。
直後に満席になってました。

ということで、スクリーンを見上げながら見ました。

さて中身ですが、つまらないという評判も聞いていたので、あまり期待していなかったのですが、それほどひどくはありませんでした。

印象に残った場面・エピソードを少しだけ書くと、以下のような感じでしょうか…。

ラフマニノフの生い立ちの一端や、交響曲第1番が酷評されたこと。
それにより精神の安定を失い、心理療法を受けたこと。
アメリカ亡命やスタインウェイとの交流、演奏ツアーのエピソードなどなど…。

「なるほどそうだったのか」と思いながら見てました。

「必ずしも史実に基づいているわけではない」との注釈付きですが…。

そういえば、ラフマニノフ役の俳優は、「本物に似ている」と評判だそうです。

少なくとも、去年見たロストロポービッチの映画よりはましな感じ…。

ただ、やはり「もう少し音楽を聴かせて欲しい」という欲求不満は残りましたが…。

この映画で使われていたのは、ピアノ協奏曲第2番、前奏曲嬰ト短調、交響曲第1番ニ短調、「ヴォカリーズ」、「パガニーニの主題による狂詩曲」など。

ラフマニノフといえば、去年5月に、テレビドラマの音楽として使われていた話を書きましたが、かなりの部分重なってました。
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2007-05-06

やはり、映画・ドラマで使いたくなる曲というと、どうしても似てくるのではないかと思いました。

最後になりましたが、原題(?)は"LILACS"というそうです。
ライラックがどのように扱われているかは、ご覧になってのお楽しみということで…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。