So-net無料ブログ作成

「春のワルツ」~韓国ドラマの話(18)~ [テレビ・映画]

「『勝負師』~韓国ドラマの話(17)~」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2007-04-26

これまで、ユン・ソクホ(ユン・ソッコ)監督の「四季シリーズ」のドラマ中、冬・秋・夏について書いてきました。↓

「『冬のソナタ』~韓国ドラマの話(6)~」
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-07-05
「『秋の童話』~韓国ドラマの話(7)~」
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-08-29
「『夏の香り』~韓国ドラマの話(8)~」
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-09-03

そして、最後の「春のワルツ」もNHK BSで3月まで放送していました。
NHK「春のワルツ」ウェブサイト↓
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/waltz/index.html

春のワルツ DVD-BOX 1

春のワルツ DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD
春のワルツ DVD-BOX II

春のワルツ DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD

毎度おなじみ、「出生の秘密」や「三角関係+1」、交通事故などが出てきますし、「主役の男性が(白い)ピアノを弾く」場面もあります。

このドラマで印象に残ったことの一つは、またまた、俳優の背の高さ

主役のソ・ドヨン(チェハ役)とその友人・フィリップ役のダニエル・ヘニー、つまり男性2人が187~188cm女優では、主役のハン・ヒョジュ(ウニョン役)と、その”敵役”のイ・ソヨン(イナ役)が169~170cmだそうです。

もう一つ、物語で効果的に使われているホテルが、ウォーカーヒルにあるWホテル
カジノで有名なシェラトン・ウォーカーヒルの隣に建っているそうです。

もちろん、ユン・ソクホ監督らしく、地方の印象的な風景も使われていて、このドラマでは、南の方にある青山島(チョンサンとう)という島が何度も登場します。

このドラマは、韓国では、主演女優を選ぶのに時間がかかったことで知られています。
最初は、「秋の童話」でソン・ヘギョの子供時代を演じたムン・グニョンが出演するとの話もあったようですが、結局、無名の俳優たちを使っての撮影になったとのこと。
韓国での視聴率は、そんなに高くなかったそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。