So-net無料ブログ作成

北京小旅行記(5)~昔の我が家 & 五輪会場~ [旅行・乗り物]

「北京小旅行記(4)~マカオ炒飯 & 燕沙商場~」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-11-27

「燕沙商場(ルフトハンザセンター)」を見た後は、昔住んでいたアパートへ。
歩いても10分ほどの距離ですが、寒くてのどが痛かったので、またタクシーに乗りました。
ちなみに、タクシーは基本料金が10元(およそ160円)です。

住んでいたのは「塔園外交人員公寓」。
「公寓」は「アパート」の意味ですので、「塔園外交官アパート」ということになります。

入り口には、武装警察が立っていて、入構証やパスポートを見せないと入れません。


建ってから20年以上経つのだと思いますが、基本的には「ソ連式」のアパートです。

3年4カ月住んでいましたし、当時は事務所もこの敷地内にありましたので、大変懐かしい思いでした。

前後しますが、北京の主要道路である三環路(「第3環状道路」の意)からは、iPodの広告が見えました。


塔園外交人員公寓のあとは、またまたタクシーを拾い、オリンピックのメイン会場の建設現場を見に北へ。

「建設中なのか壊しているのかよく分からない」という意見も多いそうです。(笑)

近くまでは行けないということで、車で1周したあと、そのままタクシーでホテルへ戻りました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。