So-net無料ブログ作成

北京小旅行記(4)~マカオ炒飯 & 燕沙商場~ [旅行・乗り物]

「北京小旅行記(3)~四川飯店で夕食~」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-11-26

北京3日目(滞在実質2日目)の22日は、午前中、会社の事務所へ。

その後、旧知の皆さんの駐在する「同業他社」の事務所を訪問。

およそ10年前に北京に駐在していた人が、日本や上海で勤務を経て、また北京に赴任している例も多く、お会いしたい人はたくさんいました。

そのうち、某放送局の総局長と、昼食に行きました。

場所は「カフェ・タイパン」という「マカオ式ポルトガル料理」のお店。


「タイパン」とは、看板にあるように「大班」と書き、「大商人」のことだそうです。


店内は、まあまあ「オシャレ(こぎれい)」な感じ。
こういった飲食店は、私がいた頃は、高級ホテルの中にしかなかったような気がします。

「こぎれい」なことに加え、客が”一般”の中国人らしいこと、つまり外国人や香港人ではないことに、少し驚きました。

食べたのは「マカオ炒飯」です。
確か、33元(およそ500円)でした。

昼飯に500円というのは、中国としては決して安くないと思います。

昼食後は、タクシーで次の場所へ。

防犯のため、運転席が囲われているタクシーも少なくありません。

行き先は「燕沙商場」(ルフトハンザ・ショッピングセンター)

名前で分かる通り、ドイツ系の資本で作られたところで、私が住んでいたころは、北京でもっとも「進んだ」場所の一つでした。


ショッピングセンターだけではなく、ホテル(ケンピンスキー・ホテル)や飲食店、オフィスビル、アパートなどが一体となった複合施設(コンプレックス)で、地下のスーパーをのぞくと、以前よりワイン売り場の面積が広がっているような気がしました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。