So-net無料ブログ作成

北京小旅行記(3)~四川飯店で夕食~ [旅行・乗り物]

21日の夕食は、昔の事務所のスタッフと、四川料理の店へ。

昔の皇帝一族の住まいである「恭王府」というところにある「四川飯店」というお店です。

 

前菜のきゅうりの漬物(泡菜)のあとは「宮保鶏丁」(鶏肉とピーナツの炒め物)

 

次は、おなじみ「回鍋肉」(豚ばら肉の辛みそ炒め)。

「エビチリ」はなかなか大ぶりのエビが6個。

 

スープは「酸拉湯」です。

 

こちらは「海鮮おこげ」です。

「おこげ」は中国語で「鍋巴」(クオパ)と言います。

 

締めは「坦々面」

 

外国人にも人気の店で、若干「観光客向け」に味付けしてあるそうですが、辛い料理ばかりで、大汗かきました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。