So-net無料ブログ作成

カイロでバンド活動~私の楽器遍歴(19)~ [音楽・楽器]

「コントラバス一筋に…~私の楽器遍歴(18)~」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-08-31

大学卒業後、東京~神戸~東京と8年間勤務し、この間、いくつかのアマチュア・オーケストラでコントラバスを弾きました。
楽器は、学生時代に親に資金を出してもらって文京楽器で購入した4弦↓を使っていました。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-07-04
運搬の必要がある場合には、ステップバンに載せて移動しました。↓
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-02-14

東京の外信部で2年ほど勤務したあと、エジプト・カイロへの転勤を命じられました。

エジプトにアマオケがあるとは思えませんでしたし、運搬のことや乾燥が激しい土地柄を考え、楽器を持参するのはあきらめました。

赴任後、しばらくして、日本人のアマチュアバンドがあることを知り、大使館勤務の人の自宅にお邪魔しました。

一応メンバーは揃っていましたが、本来ギター弾きである人がベースを弾いていたので、私がベースを弾かせてもらい、その人物はギターを弾くことになりました。
楽器(エレキベース)は、その人から借りました。

考えてみると、中学時代にやりたくてできなかったロックバンド活動の夢が、ついに実現した形です。
そのバンドは、全員日本人でしたが、メインのギタリストは某電機メーカーの駐在員で年齢は私より2歳上。
大学時代、某有名ミュージシャンが隣の部室にいたとかいう話で、ギターの腕はプロ級。
エリック・クラプトンの曲をほとんど全部弾けるという人でした。

また、ドラマーは大使館勤務で、やはり2歳年上。
ドラムはイスラエルで買って、わざわざ運んだそうです。

ということで、年齢的にも近かったこともあり、曲の好みもある程度共通していました。

演奏した主なレパートリーとしては、一番多かったのはクラプトンの曲。
他に、ビートルズやローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)などもよくやりました。

日本人関係の会合で演奏したり、主にアメリカ人の溜まり場になっていた飲み屋(ライブハウス)などで演奏しました。

クリームの「ホワイト・ルーム」をベースを弾きながら歌ったり、ビートルズ「レット・イット・ビー」をピアノを弾きながら歌うなどの”暴挙”もやりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。