So-net無料ブログ作成

中国旅行で「上海バンスキング」~私の楽器遍歴(17)~   [音楽・楽器]

「オケでサックスを吹く~私の楽器遍歴(16)~ 」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-08-02

「学んだ外国語:中国語(1)」↓でも書きましたが、大学生活もほぼ終わる4年生の3月に、中国に旅行に行きました。当時はそんな言葉はなかったかもしれませんが、いわゆる「卒業旅行」です。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-05-26

当時の中国は「改革開放政策」が打ち出されてはいたものの、実際には緒についておらず、欧米式のホテルは皆無。
北京の宿は「前門飯店」、杭州では「西冷賓館」に宿泊。
最後の滞在地、上海の宿は「衡山賓館」↓という古いホテルでした。
http://www.explore.ne.jp/articles/hotel/hotel_hengshan.html
(現在は改装されているようですが、当時はもちろん古いままでした。)

ロビーにバーがあって、ジャズバンドが演奏していました。
ほとんどが高齢の男性(50~60代)で、まさに「上海バンスキング」の世界。
(1人だけ30代と思われる若めのメンバーがいましたが…。)
詳しい編成は忘れましたが、10人以下だったので、サックス2人に、トランペットやトロンボーンは1人ずつ。それにベースやピアノ、ドラム程度だったと思います。

中国語はカタコト程度だったので、あまり詳しいことを聴けませんでしたが、どうみても「戦前からやっている」という雰囲気でした。

近くで演奏を聴いていると、途中、奏者が交代で席を外すというので、「演奏させてくれ」と頼み、仲間に入れてもらいました。
トロンボーンやウッドベースも演奏しましたが、主に吹かせてもらったのはアルトサックスでした。
楽譜は一応置いてあったのですが、とても古かったような記憶があります。

演奏した曲は、ジャズ(ビッグバンド)のいわゆるスタンダードナンバーが中心。
「イン・ザ・ムード」のリード・アルトサックスを吹かせてもらったことをよく覚えています。
高校の文化祭のときのジャズバンド↓では、本番では吹かなかったものの、サックスを少し練習していました。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-04-20
それが活かされた形です。

他には、ラテン系の曲も演奏したような気がします。
アメリカ人らしき客から「テンポの速い曲を」とリクエストされ、アップテンポのラテンの曲を演奏したような覚えもあります。
客の意図としては、ロック系やディスコ系(?)を演奏してほしかったのかもしれませんが…。

このホテルには確か3泊しましたが、結局3日とも夕食後にバーを訪れ、演奏させてもらいました。

上海で「ジャズバー」のあるホテルというと、昔から和平賓館が有名ですが、以前はこの衡山賓館のように、他にもたくさんあったのだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。