So-net無料ブログ作成

自分の楽器を買ってもらう~私の楽器遍歴(14)~ [音楽・楽器]

「テューバ転向を考えたものの…~私の楽器遍歴(13)~」↓から続きます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-06-24

大学に入学し、オーケストラに入部して以降、コントラバスのレッスンにコンスタントに通いました。
「シマンドル」と「檜山ノート」を終え、コンチェルト(協奏曲)を弾くようになり、自分の楽器が必要になたので、大学3年の時、親に頼んで買ってもらいました。

(考えてみると、自分の楽器を持ったのは、高校時代の安いクラリネット以来でした。その他のトロンボーンやテューバはすべて学校の楽器でした。)

コントラバスを買ったのは、東京・後楽園近くの文京楽器でした。現在、「弦楽器の○本」社長である○本さんが、当時は文京楽器にいて、相談に乗ってくださいました。
買ったのは、無銘のオールド4弦。「ラウンドバック」で、おそらくドイツ製だろうと思います。値段は忘れましたが、70万~80万円程度だったと思います。

高い音域では割と明るい音がしていましたが、低音もよくなる楽器で、結構気に入ってました。

そういえば、前後しますが、大学2年になった時に、同じく文京楽器で弓を購入しました。
フレッチナーのもので、定価は10万円(若干割引)でした。
今でも使っています。

購入した楽器には、ソロ弦を張って、ソロの曲やコンチェルト(協奏曲)の練習をしました。
オケでも使用しました。

コンチェルトについての詳細は次回…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。