So-net無料ブログ作成

NBAプレーオフ佳境 [スポーツ・その他]

NBAは、東西両カンファレンスのファイナルが行われていて、いよいよ佳境です。
「西カンファレンスのセミファイナルのダラス vs サンアントニオが事実上のファイナルだ」という声も高かったのですが、現在行われているフェニックス/ダラス、マイアミ/デトロイトのいずれの組み合わせも、なかなかおもしろい試合が続いています。

現時点では、ダラス(マーベリックス)とマイアミ(ヒート)が優勢のようです。

去年のNBAファイナルはサンアントニオ対デトロイトという「地味」な試合でした。それはそれで面白いとはいえ、サッカーの試合で「0対0」(または1対1)で引き分けるような「欲求不満気味」の試合とでも言えばいいでしょうか。

今年、もし、ダラス対マイアミの対戦ということになれば、もう少し「エキサイティング」な試合を期待できそうです。サッカーで言えば、「3対2」とか「4対3」のような点の取り合いが面白いように…。

ということで、けさは、ケーブルテレビでマイアミ/デトロイトの第4戦を生放送で見る一方、録画してあったフェニックス/ダラスの第3戦を見ていました。
NHK-BSは、NBAファイナル以外は生で放送せず、ほとんどが深夜(未明)の放送。どうしても録画で見ざるを得ません。

放送がない試合でも、ネット上で、ほぼリアルタイムで試合の経過を見ることができますので、パソコンを使える状態のときは、ずっとチェックしています。
見ているのは、NBAのサイトやESPN(アメリカのスポーツチャンネル)のサイトなど↓です。
http://www.nba.com/
http://sports.espn.go.com/nba/index

ちなみに、大リーグの場合も、1球1球、ネット上で「速報」しています。↓
http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/index.jsp

日本では、ここまで詳しく伝えているサイトはないような気がします。

※追記
午前中のプレーオフの放送のあと、"NBA Greatest Game"という番組で、1988年のプレーオフ、ボストン・セルティックス対アトランタ・ホークス戦を放送していました。
ボストンの主な選手は、ラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュ、ダニー・エインジら。
アトランタは、ドミニク・ウィルキンス、ドク・リバース、スパッド・ウェブ、トゥリー・ロリンズら。
懐かしいメンバー、映像でした。
ユニホームの短パンが短い(ピチピチ)なのが、時代を感じさせました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。