So-net無料ブログ作成

"IXAT"!? ~日本語を右から書くことについて~ [日本語・外国語]

トラックの車体右側面などに、通常の日本語とは逆の「右から左」、つまり車の「前から後ろ」に向けて言葉を書くことは、極めて日常的に行われています。トラックなど、半数以上がそうではないではないかと思うほどです。
しかし、これがローマ字や欧文(英語など)になると、どうなのでしょうか?

と言うのも、去年から今年にかけて、個人タクシーの右側面に、ローマ字で「○○タクシー」と右から書いてあるのを2〜3回見かけたからです。表示は以下のようになっていました。

IXAT DCBA
<"DCBA"は本来"ABCD"という名前と思われます>
(見たのが同じタクシーかどうかは分かりませんが、目撃した場所は相当離れていました。)


漢字の言葉であれば、例えば「輸運物貨×○」であれば「○×貨物運輸」だな、というように、直感的に分かります。
しかし、「トーポスンラト×○」(○×トランスポート)や「クッラト×○」(○×トラック)のようにカタカナの語句や、ましてやアルファベット(ローマ字 or 欧文)の場合は、意味がないか、まったくの間違いではないでしょうか。

世界には、右から左に書く言語もあります。代表的なのは、アラビア語やヘブライ語でしょうか。
しかし、例えばアラビア語の場合、文中に数字やアルファベットが出てきた場合、その語句だけを左から右に書きます。前後の文章とは逆向きになるわけです。
このように説明すると、変な感じもしますが、慣れてしまえば、「そんなものだ」と思えるようになり、違和感はそんなにありません。

日本でも、大手のバスや運送会社は、車体の右側面であっても、社名等を普通に左から右に書いているように思います。
そもそも、この「右から書く」習慣(?)はなぜこんなに定着しているのでしょうか?
だれかが、「右書き反対運動」でもやってくれないか、などと考えています。

余談ですが、日本ではいわゆる算用数字のことを「アラビア数字」とも呼びますが、算用数字はインドが起源だそうで、アラビア語には、算用数字とは別の数字があります。
「本当のアラビア数字」の話は、機会を改めまして…。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

SKinsui

日本語の右横書き、左横書きの歴史については、
横書き登場―日本語表記の近代 岩波新書 新赤版 (863)
屋名池 誠 (著) ISBN: 4004308631
が大変詳しいです。
ちなみに、アメリカやカナダの緊急自動車(救急車など)の前面に、"AMBULANCE"などの標記が「鏡文字」(文字を鏡にうつしたときのように裏返しに書いた文字)になっているのをよく見ます。最初、「あれ?なんで?」と思いましたが、よく考えると、一般車のバックミラーに映ったときに認識してもらいやすいように(そして道を譲ってもらえるように)という意図なのかな、と思い至りました。
by SKinsui (2006-01-26 13:07) 

Lionbass

Skinsuiさま
コメントありがとうございます。では、早速その本を探してみます。
by Lionbass (2006-01-26 14:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。