So-net無料ブログ作成

「中国の宿命」 [読書]

▼読み終わった本
*「中国の宿命」

黄文雄・著、PHP研究所

中国の宿命

中国の宿命

  • 作者: 黄 文雄
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本

著者・黄文雄氏は台湾出身で、いわゆる「自虐史観」とは逆に「日本は悪くない」という論陣を張っている人物。
この本は、序章+「経済」「軍事」「政治」「精神構造」「思想」「国家」という章立てで、中国の社会構造や精神構造、今後の「末路」までを論じたものです。
黄氏の本はこれまでにも読みましたが、中国・中国人をよく知っているだけに、説得力があります。

私は、北京に駐在していましたので、中国に関する本は、できるだけ読むようにしています。
北京時代に感じたのですが、日本人は中国に関して、さまざまな知識を持っているだけに、先入観なしに見ることがなかなかできないように思います。
大きく分けると、次のような人が結構多いのではないでしょうか?
・「中国は偉大な国」派(「中国4000年の歴史」や共産主義を肯定的に捕らえる人)
・「中国に謝らなければならない」派(日中戦争中に日本が一方的に悪いことをした、と考える人)
・「中国は発展する」派(中国経済の発展を信じる人)
・「反中国」派(犯罪、環境、軍事、外交など、日本に対する悪い面を見る人)
もちろん、いずれの「派」も、それぞれ理由があると思いますが、バランスの取れた見方ができる人は少ないように思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。