So-net無料ブログ作成

BPO、VPO、女子十二楽坊 [音楽・楽器]

明けましておめでとうございます。
きょうから正式にこのブログをスタートしますので、よろしくお願いします。

なお、私のハンドルネーム"Lionbass"というのは、所有しているコントラバスのてっぺんの「渦巻」部分がライオンの顔(「プロフィール」の画像参照)になっていることにちなんだものです。

きょうは、テレビで演奏会をたくさん見ました。
(実は、プラズマテレビを購入し、きのう大みそかに届いたのです。)

朝起きてテレビをつけると、BSフジでチョン・ミョンフン指揮、フランス国立放送フィルの演奏会をやっていました。
さらに、午前中はBS朝日でベルリン・フィル演奏会(指揮:サイモン・ラトル)、昼過ぎにはBSフジで同じくベルリン・フィル(サントリーホールでの公演)の放送がありました。
午後(初詣などに)出かけたあと、夜はNHKでウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート(マリス・ヤンソンス指揮)。
ついでに、BSジャパンで女子十二楽坊のコンサートまで見てしまいました。
ウィーンフィルは、とても楽しいプログラムで、思った以上に好印象でした。
ヤンソンスは、ロシアの指揮者だと思っていたのですが、ラトビア出身だということをきょう知りました。
そういえば、ウィーン・フィルのチェロの第1プルトの奏者の楽器が「ライオンヘッド」でした。コントラバスでは比較的多く、ベルリン・フィルにもウィーン・フィルにもいるのですが、チェロではあまり見かけないような気がします。(東京の楽器屋で見たことはあるのですが…。)

ところで、女子十二楽坊を見ていて、「演奏しながらの首のふり方が中国人独特だ」ということに気がつきました。
北京に住んでいた時、テレビで中国人のインストラクターがエアロビクスをやっていいる番組を見ていると、首のふり方が独特で、何となく妙な感じを受けたものです。そういえば、CCTV(中国中央テレビ、日本のNHKのようなもの)のアナウンサーにも、独特の首のふり方でニュースを読む女性アナウンサーがいたような気がします。

以上の合間には、購入した「ホフナング音楽祭」のDVDと、ストラヴィンスキー指揮・N響のDVDも見ました。
「ホフナング音楽祭」は、音声だけの時よりも、さらに「楽しい」ものでした。
また、N響は残念ながら師匠の姿は確認できませんでしたが、50年近く前の演奏ですので、大変興味深く見ました。また、「特典(おまけ)」として当時のニュース映像がついていて、昭和30年代前半の自動車や、国鉄の列車なども映っていて、「乗り物マニア」としては、こちらも興味深いものでした。

さらに合間には、CSで放送していたNBAの「セルティックスvsクリッパーズ」の試合も見ました。クリッパーズのホームゲームでしたが、セルティックスの一方的な勝利でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。