So-net無料ブログ作成
検索選択

「イスラエル ユダヤパワーの源泉」 [読書]

▼読み終わった本
*「イスラエル ユダヤパワーの源泉」
三井美奈・著、新潮新書


イスラエル―ユダヤパワーの源泉

イスラエル―ユダヤパワーの源泉


【帯紹介】
******************************

その危機管理能力、
国防意識、外交術とは???

人口750万の小国が
なぜ世界を動かせるのか

******************************

【帯(裏表紙側)紹介】
******************************

【取材で迫った生身のユダヤ国家】
[>]米国との強固な関係を築いた「伝説のロビイスト」
[>]イスラエルを支える米国ユダヤ系社会
[>]ホロコーストの生き証人らユダや移民たち
[>]ガザ地区のパレスチナ難民
[>]キリスト教の聖地・聖墳墓教会の番人
[>]情報機関モサドの元長官
[>]ペレス現大統領
******************************



集中して読んでいる中東に関するお勉強シリーズ。
著者は読売新聞の記者だそうです。

中東問題だけでなく、世界のさまざまな紛争・外交問題で、ときに重要な役割を果たすイスラエルについて、日本ではあまり知られていないその「パワー」の源泉に迫っています。

以前紹介した「アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか」という本でも紹介されていましたが、アメリカの政界におけるユダヤ系アメリカ人の影響力についても、詳しく取材していて、とても興味深く読みました。
帯の紹介文にあるように小さな国であるイスラエルが「世界を動かす」ことができるのは、このアメリカの政治・外交への影響力の行使という現実があります。

小さな国土で、周りを敵対的な国に囲まれているという状況は、日本にも参考になるところがあると思うのですが…。

▽購入した本
*「イスラームの世界地図
21世紀研究会・編、文春新書


イスラームの世界地図

イスラームの世界地図

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 新書

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 2

青沢東(QMY)

私がこのあたりの勉強をするためには、少なくとも1年間の基礎勉強が必要な気がします。歴史も政治も苦手だもんなあ…(苦笑)。
by 青沢東(QMY) (2010-10-25 01:11) 

Lionbass

青沢東さま
「歴史」というと高校時代とかを思い出して敬遠する人が多いと思いますが、実際に住んでみると「教科書的」ではない歴史に接することができて興味が沸くのではないかと思うのですが、いかがですか?
by Lionbass (2010-10-28 15:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。