So-net無料ブログ作成
検索選択

真夏のハルサイ終了 [音楽・楽器]

お知らせしておりましたザ・シンフォニカの演奏会、無事終了しました。

IMG_1525シンフォニカ.JPGIMG_1524シンフォニカ.JPG

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ザ・シンフォニカ第48回定期演奏会
日時:2010年7月25日(日)14時開演
会場:すみだトリフォニーホール(錦糸町)
指揮:三石精一
独奏:小川典子
曲目:グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
   ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番ハ短調
   ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


ステージリハーサル休憩中】
IMG_1526すみだ.JPG

【(左)舞台裏のトロンボーンたち/(右)本日のライオンベース】
IMG_1528舞台裏.JPGIMG_1529ライオンヘッド.JPG

1曲目、「ルスランとリュドミラ」序曲は、異様な速さでした。
さすが「世界最速を目指す」と宣言しただけのことはあったかも。
指揮の三石先生によると、快速テンポで演奏するのは「暑気払い」だそうですが…。

2曲目はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。
先月もお手伝いで演奏したばかりです。

ピアノ独奏の小川さんは、3月に聴いた大阪センチュリー交響楽団の演奏会でショパンのピアノ協奏曲を弾いていたことでも分かる通り、日本と世界で活躍する一線級のピアニストで、本来ならわれわれアマチュアと共演していただけるようなレベルの人ではありません。

今回も、前日練習(GP=ゲネラルプローベ)では、江東区内の公共施設に置いてある手入れの行き届いていないようなピアノでの練習だったのですが、小川さんが弾くと、オーケストラのメンバーが惹き付けられてしまう感じで、さすがと思いました。
ステリハでも、「このまま本番でもいいのでは」と思わせる緊張感のある演奏でした。

そして3曲目の「春の祭典」。
10年前に同じ三石先生の指揮で演奏したことがあったのですが、今回はより詳しく曲を勉強してから臨みました。
いろいろ『事故』はありましたが、オーケストラ一丸となった熱演で、迫力だけはあったのではないでしょうか。

ちなみに、入場者は1,400人を超えていたそうです。
(先日のグローバルフィルには負けたかもしれませんが…。)

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ コントラバスへ
にほんブログ村

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 2

青沢東(QMY)

で、世界最速の記録は更新されたのでしょうか??
ギネス非公認でも世界記録は世界記録ですからねえ。
by 青沢東(QMY) (2010-07-26 22:15) 

Lionbass

青沢東さま
弾いてる人間にとっては演奏不能なくらい速かったのですが、正確な時間はまだ聞いてません。
DVDが届いたら計ってみます。(^=^)
by Lionbass (2010-07-28 10:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。