So-net無料ブログ作成

「サスカッチアンの山」=思い出の吹奏楽曲(4)= [音楽・楽器]

「組曲『惑星』より『木星』=思い出の吹奏楽曲(3)=」から続きます。


3年近く前、「中学で最初はトロンボーン ~私の楽器遍歴(3)~」という話にも書きましたが、中学校入学と同時に、長崎市内では「名門」である吹奏楽部に入部しました。
楽器は最初、トロンボーンでした。

4月に楽器を始めて、7月(夏休みの最初の方)に行われる吹奏楽コンクールの予選に出場しました。
課題曲は斎藤高順の行進曲「輝く銀嶺」

行進曲らしくて、なかなかカッコいい曲でしたが、担当した3番トロンボーンはある意味演奏不可能でした。

上記の3年前のエントリーにも書いたのですが、いきなりテューバと同じ低い「B♭-F」の”頭打ち”の繰り返しで、1stポジションと6thポジションを行ったり来たり。
さらに途中からF管を使わないと吹けないヘ音記号下第1線より下の音が頻出して、ペダルトーンの半音上のB(H)までありました。
一応、行進しながら吹くことも想定された曲だったはずですが、ダブルロータリーの楽器を持ったプロがステージで座って吹くのならともかく、アマチュアには演奏不能だったと思います。

そして自由曲は、アルフレッド・リード「サスカッチアンの山」でした。

http://www.gakufu.ne.jp/detail/view.php?id=40010
http://www.octmp.co.jp/we_detail/we_saskatchan.html

上記の自由曲もそうですが、当時(現在のような乾式の)「コピー」というものは事実上、世の中に存在しておらず、パート譜は手書きで写譜しなければなりませんでした。
しかも、2年生以上は3月までに写譜を済ませていたので、4月に入った1年生は、先輩の譜面をさらに写す必要があったのですが、その先輩の譜面が結構でたらめで苦労した覚えがあります。

ということで、この「サスカッチアンの山」は大変思い出深い曲なのですが、自分のパートはあまり覚えていません。
曲の最初、静かな部分はずっと休みだったのは覚えているのですが…。
(1stと2ndトロンボーンは3rdトロンボーンより前に吹くところがあったと思います。)

途中、テンポが速くなって、たくさんの楽器が参加する部分になって、ようやく出番でした。

リードの曲でもう1曲演奏したことがあるのは、「アレルヤ・ラウダムス・テ」です。
「弦バス」担当だったのですが、結局本番はありませんでした。

卒業後、コンクールの自由曲にしたそうですが…。


ともあれ、作曲者のアルフレッド・リードは、20世紀の吹奏楽の世界に巨大な足跡を残した人で、日本でも佼成ウィンドアンサンブルなどを指揮して、いろんな曲を演奏していました。
2005年に亡くなったそうです。


カーテン・アップ!

カーテン・アップ!

  • アーティスト: リード(アルフレッド)
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 1991/07/21
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

ぬれぴよこ

『サスカッチアンの山』今どんなメロディーだったのか思い出せませんが、
曲名はよく覚えています。

日常的にコピーが使われるようになったのは、思っていたよりも最近のことだったんですね~^_^;
by ぬれぴよこ (2009-01-29 22:52) 

Lionbass

高校時代には図書館に「コピー」がありましたが、表面がツルツルした光沢のある紙でした。
大学時代、生協のコピー機には1台ずつ係の人がいて、コピーをとってくれてました。
昔の話ですね…。
by Lionbass (2009-01-30 18:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。