So-net無料ブログ作成

「連濁」と韓国語(1) [日本語・外国語]

大学オケの先輩で、国語学者であるSKinsuiさんが、ご自分のブログに「音と訓」「音訓の話のつづき」という話を書いていらっしゃいます。
http://skinsui.cocolog-nifty.com/skinsuis_blog/2006/11/post_baa8.html
http://skinsui.cocolog-nifty.com/skinsuis_blog/2006/11/post_92ea.html

「音訓の話のつづき」にコメントして書き込んだのですが、最近、日本語の「連濁」という現象について、いろいろと考えています。

最近、特によく考えるのは、韓国語との関係です。
ご存じの方はお分かりのように、韓国語には、ある意味、連濁ととても良く似た現象があります。

韓国語を勉強した話↓の中でも書きましたが、同じ文字が「語頭では清音、語中だと濁音」のように聞こえます。
http://blog.so-net.ne.jp/lionbass/2006-06-20

次期国連事務総長の「潘基文」氏(韓国外交通商相)は、日本では「パン・ギムン」と発音するのが普通ですが、英語の記事などには"Ban Ki-moon"などと書いてあります。

同じ音で始まる(はずの)「朴」という名字は、"Park"(または"Pak")と書かれるのが普通です。 つまり、韓国の人に取っては、"Ba"だろうが "Pa"だろうが意識していない(どちらでもいい)ことになります。

日本語で考えてみると、(前後の語により)「かさ」でも「がさ」でも「傘」を思い浮かべますし、「きし」でも「ぎし」でも「岸」だということが分かります。

このような連濁は、日本人はあまり意識していませんが、外国人に説明するのは、結構難しいのではないかと思います。
(つづく)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 3

青沢東(QMY)

大学院のとき、韓国人留学生と一緒に研究発表をしてたんですが、彼が「日本の金庫は信頼できるけれど、まだまだ世界には通用しない」と力説しているのを聞いて、そんなに丈夫な金庫を作ってたっけ??と思ってたのですが、どうも彼は「日本の銀行」といいたかったらしい。「き」と「ぎ」の発音・聞き分け韓国の人にはむつかしいらしいですね。私にはRとL SとTHは永遠の課題です。
by 青沢東(QMY) (2006-11-15 12:41) 

SKinsui

韓国料理のまぜごはんは、「ピビンパ」「ピビンバ」「ビビンバ」などといろいろに書かれますね。これも、韓国語のb(p)が日本人に清音に聞こえたり、濁音に聞こえたりするせいですよね。あと、「カルピ」「カルビ」両方見られます。
by SKinsui (2006-11-15 15:31) 

Lionbass

☆青沢東さま
私が韓国語を習った鶴橋在住の1世のおじいさんは、「チをかく」とか「チユウに〜」と言っているように聞こえました。「字を書く」「自由に〜」ということだったわけですが、慣れれば「そんなものだ」と気にならなくなりました。

☆Skinsuiさま
コメントありがとうございます。
「ビビンバ」は、最後の「バ」または「パ」のあとに、子音の「p」があるはずなのですが、日本人の耳には聞き取りにくいので、普通は表記されないわけですね。
by Lionbass (2006-11-15 18:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。